ムーンライダース

ガンダム・ウヴァル

IMG_4758 (640x480)
まあ自分のCBにバッシュと名付けたものの、バッシュ・ザ・ブラックナイトのプラモは買えません。

ファイブスターストーリーのプラモは一般メーカーからは出ておらず、ガレージキットのみ。

超かっけーけど、超たけーってやつですよ。






IMG_4762 (480x640)
最初は食わず嫌いだった「鉄血のオルフェンズ」もすっかりファンになってしまったのですが、キットは一機も作っていませんでした。

ホビージャパン誌で公認スピンオフ作品が掲載されており、そこにバッシュイメージのモビルスーツが出ていました。

ストーリーは全く読んでいませんが、これはイケてます!!






IMG_4760 (640x480)
こいつを我がバッシュのイメージに仕上げますよ!

なんだか必死に愛着を繋ぎ止めようとしてますね、ワタシ。

パープルはバッシュ君にない色なので、ここは赤にして、恒例のお手軽部分塗装仕上げです。






IMG_4759 (640x480)
お手軽缶スプレー。

最近、缶スプレーばっか触ってる気がしてきたゾ。







IMG_4761 (640x480)

はい、綺麗に塗れました。






IMG_4764 (480x640)
IMG_4766 (480x640)
ガンダムフレームの肝、2連装のエイハブリアクター。

胸の丸いパーツが動力源で、この世界ではエイハブリアクターと呼ばれています。

ファイブスターストーリーのイレーザーシステムに影響を受けてる感じがしますね。







IMG_4796 (640x480)
本当は4つ目のウヴァルですが、額の目は単なるスジボリデティールと解釈を変えて、普通の2つ目に。

カッコイイ、いい顔してます!!






IMG_4793 (640x480)
かなり複雑な形状のヘッドパーツはリアルグレード並みのパーツ構成で再現されています。

しつこいですが、バンダイさん、凄いです!







IMG_4795 (640x480)
このアングルだと、実にブラックナイトっぽく見えます。

大成功ですなあ。







IMG_4797 (640x480)
黒いボディなので、墨入れは白でやってみましょう。

ガンダムマーカーの墨入れペンが非常に使いやすいのですが、黒しかないので、買いに行かなきゃ・・・・

それと、鉄血系のモビルスーツは立ち姿だとイマイチ。

躍動していてナンボのデザインなので、アクションベースでかざった方が良さそうです。

仕上がりはまた今度ですね、明日はツーリングなので!
スポンサーサイト
  1. 2017/10/07(土) 12:03:13|
  2. プラモ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

RX-78完成

IMG_4364 (480x640)
いや~

久々のロングツーリング(と言っても走ったのは700KM弱ですが)でバテましてね・・・

つか、暑さにバテたのか・・・

入院後、本来の体力まで回復してないってのもあるんでしょうが、この1週間、いつものトレーニングもできませんでした。



IMG_4365 (480x640)
てなワケで、今回は久々のガンプラです。

5/21【リアルグレードにはまった?】の記事以来、ここしばらくはどっぷりバイクオンリーでしたね。



IMG_4360 (640x480)
とはいえ、今朝も走ったんですよ。

バイク乗らないと、土日を無駄にした気分になりますから。



IMG_4361 (640x480)
IMG_4362 (640x480)
涼しいうちに近場をくるっとネ。

そういえばアッシュからモチュールの廉価版オイルに変えましたが、ツーリングで長時間走ってもシフトタッチが悪くなったりすることもなく、何ら問題ありません。

コンピューター制御されたインジェクションは、いわゆる熱ダレをライダーに感じさせませんし、実際、現代の空冷として、熱管理は相当高いレベルでなされたマシンなんだと思います。

ラジエターファンの熱風もないので、ライダーにも優しい方ですが、右サイドに集合されたマフラー触媒からの熱はたまらんです。

このあたりは昔のバイクにはない暑さで、ブーツのカカトの底からでもアチチとなります。



IMG_4363 (640x480)
ところで、ビキニカウルを付けた恩恵は空力だけじゃなく、ちょっとグローブを外した時にも受け取るコトができます。

これはバイク乗りあるあるですよね。

シートの上においたグローブがポロッと落ちる、ちょっとした「あーもう!」っての。



IMG_4182 (640x480)
さて、ガンプラに話題を戻しましょう。

リアルグレード(RG)の匠を感じるポイントの一つ、古来の日本建築のようなハメ合わせ。

ここはスネの後ろ、アキレス腱の上あたりの部分ですが・・・・



IMG_4183 (640x480)
フレームに装甲をはめます。

この段階ではまだ不安定。



IMG_4184 (480x640)

そこに小さなパネルパーツをハメこみます。




IMG_4185 (480x640)
それによってパーツがカチッと安定する構造になっています。

で、それ自体がリアリティを生み出すディティールを兼ねているのが素晴らしい。



IMG_4186 (480x640)

そういうコトの繰り返しで組み上がっていくワケです。



IMG_4187 (480x640)
だから、昔みたいに改造しなくても、組んでいく課程で、バンダイさんの設計技術の素晴らしさに「おお~!すげ~!」となるのですよ。

これ、結構な喜びを感じれるので、仕事なんかでイヤなことがあって、ムシャクシャした心を静めるのにも最高です。

RGは日本古来の禅にも通じていたんですね~?



IMG_4240 (480x640)
胸のダクトは完全に穴あきです。

フレームには縦のスリットがディティールされているので、横抜きのダクトの隙間から縦スリットが見える素晴らしさ。



IMG_4231 (640x480)
脇腹あたりの赤いパーツも単色じゃなく、色調をかえ、例のハメ合わせ構造を担っています。

腰が動き、股関節がスライドする。

バンダイのプラモデルはバケモノか!?



IMG_4230 (480x640)
色違いの小さなパーツをパズルのように組み合わせる事で、細かいディティールもシャープに再現。

1/144スケールにして、このシャープさが、私がRGにゾッコンなところです。

これは同じ1/144でもパーツ構成のシンプルなハイグレード(HG)にはない魅力です。



IMG_4241 (480x640)
こうして空いた時間にちょっとずつ楽しめるのがイイですね。

切れ味の良いニッパーとクラフトナイフさえあれば、誰でも何処でも素晴らしいガンプラが作れるのです。




IMG_4377 (640x480)

小指の先程もないサイズの顔なのに、このシャープなディティールをご覧ください!



IMG_4376 (640x480)
黄色い放熱ダクトも昔のガンプラなら、階段状でしたね。

完全にスリットになっています。



IMG_4375 (640x480)
独自のデザインに監修されたランドセル。

立ちポーズでは見えませんが、バーニアがアニメの2連装ではなく、4連装になっています。

これはお台場の実物大ガンダムを作る過程で下から見られる事を意識したからでしょうね。

バーニアだけではなく、バーニア上部のフラップまでも可動します!



IMG_4374 (480x640)
ランドセル上部の手すりみたいなパーツは要らないなあ・・・・

ガンダムは何だかんだ言ってもヒーローロボットから武器への過渡期のメカ、ダグラムやボトムズとは違うんだから。




IMG_4373 (480x640)
なので、あまりRX-78にリアリティを出すデカールを貼るのも好きじゃないんです。

今回は素組に最小限の墨入れ、艶消しトップコートのみです。

ちょっと気分がモデラーモードじゃないライダーモードの期間に作ったので、各所仕上げが雑になってしまいました。



IMG_4368 (480x640)
IMG_4367 (480x640)
IMG_4366 (480x640)

それでもこの仕上がりの良さ!



IMG_4370 (480x640)
IMG_4372 (480x640)
良く動くんだけど、ワタシ的にはそっちはあまり求めていません。

ただ、これだけ動くためにこういうカタチになりました的な裏付けは大好きです。



IMG_4371 (640x480)
とにかく、コイツが時代を変えたデザイン。

コイツがいるから、ジオンのMSの敵兵器としての武骨なカッコ良さ、GMの量産機としての魅力、そいったものすべてが引き立つのです。

現代のロボットアニメの全ての素だと私は思っています。

永井豪ファンには申し訳ありませんが・・・・・




IMG_4378 (640x480)
勿論、RX-78ガンダムなしに、ゼータガンダムの生い立ちもないのです。

いきなりゼータが出ていたら、単なるヒーローメカでしかないと私は思うワケです。

偉大だなあ、大河原先生・・・・やっぱ神!!!

















  1. 2017/07/22(土) 09:38:40|
  2. プラモ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

1/144ネモHG

IMG_3682 (640x480)
素晴らしいボックスアート、全く興味のなかったMS(モビルスーツ)ネモですが、カッコよく描かれています。

ちょっと前から作ろうと思っていましたが、店頭にあまり並んでないんです。



IMG_3684 (480x640)
このネモというMS、設定画がかっちょ悪くて、劇中の印象も皆無ですが、意外に立体映えするんです。

で、GM(ジム)系好きの私としては作りたくなるワケです。



IMG_3685 (480x640)

今回の作例はテストケースです。



IMG_3695 (640x480)
と言いますのは、最近の作品を並べて眺めていると、一番お手軽に仕上げたゼータRGの質感が圧倒的にイイワケです。

もう、昔と違い、HGでも、最低限の組み方で十分な仕上がりになるのではないか?と思い始めたのです。



IMG_3689 (480x640)
RGと違い、HGは色分けの出来ていないパーツが結構あります。

試しに、バンダイの言うがままにデカールによる色分けをしてみようとしましたが・・・・



IMG_3691 (480x640)
どう考えてもスラスターの仕上げに無理がありますね。

なので、部分は塗りで仕上げるコトに。

最近のガンプラは、できる限りパーツの合わせ面が目立たないパーツ構成です。

さらに、パーツの「合い」も非常に良いので、昔の様にパテや瞬間接着剤を流し込んで、ヤスリがけ、ペーパーがけまでしなくても良いのではないか?

というコンセプトで完成させたテストケースです。


IMG_3867 (480x640)
ライフルや、頭部、肩等は合わせ面がまともに出る構成です。

そこは、セメントを多めに塗って接着。ヤスリがけをしました。


IMG_3868 (480x640)
バーニアの内側、コクピット、額の小さなパーツを塗装しただけで、整形色のままで仕上げました。

スミいれ、艶消しトップコートをしただけです。



IMG_3869 (480x640)

塗料に浸食されていない関節は、動かしやすく安心です。



IMG_3870 (480x640)

これが今のガンプラの一つの楽しみ方だなあ・・・



IMG_3873 (640x480)

とはいえ、やはりRGと並べると、質感は劣るかな?



IMG_3874 (640x480)

GM系、新旧モデル。



IMG_3871 (480x640)

実に兵器然とした雰囲気がイイです。


IMG_3872 (480x640)

このシンプルなシールドがイイ。全てのGM系に持たせてやりたい。



IMG_3875 (640x480)

ウーム、増えてきたなあ・・・・・








  1. 2017/05/03(水) 09:55:46|
  2. プラモ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

1/100ジェスタMG(マスターグレード)完成

IMG_3632 (480x640)

もう待ちきれねえ!


IMG_3622 (640x480)
IMG_3624 (640x480)

赤じゃなくてもピンクのダイオードでいいや、と思って入れたら、なんか紫に光ってる。


IMG_3610 (480x640)
IMG_3611 (480x640)
IMG_3612 (480x640)
IMG_3614 (480x640)
IMG_3615 (480x640)

今回はひたすら写真です!


IMG_3626 (480x640)
IMG_3627 (640x480)
IMG_3628 (640x480)
IMG_3625 (640x480)

ジェスタ近接格闘戦強化型。ジェスタ・ゼロ。

設定上、極めて高性能かつ汎用性の高い機体ですが、ジェスタ・キャノンのような火力強化型があるなら、格闘戦強化型があってもいい。

ユニコーンガンダムの露払いという、もともと特別な役目で開発されたモビルスーツですから、あらゆる間合いに備えた専用機がいてもいいでしょう。


IMG_3616 (480x640)
IMG_3617 (640x480)

もともとシールドがバックパックマウントなので、ビーム攻撃に備えつつ両手で格闘戦をこなせると考えたら、このシールドが、ひらひらとたなびくマフラーのようです。

仮面ライダー、強化外骨格・零、コマンダー・ゼロ、みんな白いマフラー。

白旗じゃなくて正義のしるし!


IMG_3618 (640x480)
IMG_3619 (480x640)
頭部バルカン砲はオミットされ、いわゆる頭突きといった戦法もとれるよう、センサー類の耐震性をアップ。

腰部グレネードラックは一撃離脱の間合いを生み出すスラスターに換装。


IMG_3635 (640x480)
パンチの破壊力を増すため、電磁ブレイカー(これはガンダムの世界にはないので、ビームナックルという設定でもいいかもしれませんネ。どうしてもコマンダー・ゼロの設定を入れたかったんですヨ)を装備。

格闘技の安定に欠かせない脚力強化。

といったイメージで改造してきたのは、これまで書いてきた通りです。


IMG_3620 (480x640)
IMG_3621 (480x640)
今回、ビームライフルは接着線消しと墨入れ、艶消しトップコートのみです。

あと、フレームも塗装しませんでした。

昔、ガンプラに熱中してていた頃は、こだわりすぎて、完成品がなかなか出来ませんでした。

今は、やりたいことにターゲットを絞り、それ以外の所は、ある意味手抜きしてます。

そうすることで、いわゆる罪(積み)プラをしないようにするのです。


IMG_3636 (480x640)
IMG_3637 (480x640)
IMG_3633 (480x640)
もともとジェスタが持っていた、特殊部隊のイメージをさらに特化出来たのではないでしょうか?

ワイルドセブン感もあるでしょ?


IMG_3647 (640x480)
IMG_3652 (480x640)

ただ、手が短いせいか、どうも強化外骨格のような格闘ポーズがうまく決まりません。



IMG_3645 (480x640)
IMG_3646 (480x640)
IMG_3643 (640x480)
一方、ビームサーベルの格納ギミックにより、抜刀ポーズは決まります。

「覚悟のススメ」じゃなくて「シグルイ」ですな。

虎眼流だ!


IMG_3653 (480x640)
IMG_3657 (480x640)
IMG_3639 (480x640)

今回、ビームライフルのみ艶消しトップコートで、それ以外は半艶トップコートで仕上げました。

艶消しが今のトレンドですが、強化外骨格のイメージだとツヤツヤだし、悩んだ挙句、半艶にしました。

仕上がりをみて、アリだと思いますね。


IMG_3640 (640x640)
IMG_3641 (640x640)
それにしても、今のガンプラは本当にスタイルがイイですね。

架空の画像からこれほどの立体物を、劇中のイメージ通りに作り上げるバンダイ。

流石、積み上げてきた技術はハンパないです。







  1. 2017/04/01(土) 16:52:28|
  2. プラモ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ジェスタMG途中経過

IMG_3438 (640x480)
ヘッドパーツ、腰のサイドアーマー、電磁ブレイカーナックル、と主要パーツを作りながら、全体のシルエットの中で気になっていたのが、太ももの細さ。

ユニコーンガンダムの新MSはみんなそうですね。

太ももが細くて長い。

ここは面倒くさくない程度にボリュームアップしましょう。


IMG_3489 (480x640)

まあ、適当にディティールアップしてサイドアーマーも完成しました。


IMG_3495 (640x480)
さて、今まで筆塗りで仕上げてきましたが、さすがに1/100スケールで筆塗りはムリ。

ランナーに付いたままでスプレー缶塗装で行きます。

こんなことなら、RB時代にエアブラシを部下にあげるんじゃなかったかナ・・・

でも使用後の洗浄等を考えると、今の環境じゃ缶スプレーの方がイイかな。


IMG_3527 (480x640)
IMG_3528 (480x640)
パチパチっとランナーから切り離して組み上げ。

全体のフォルムチェック。

おお~、適当に作ったけどバッチリじゃないですか!


IMG_3526 (480x640)

ちょっとエクゾスカルっぽいポーズをとってみました。



IMG_3529 (640x480)
ランナーから切り離すと、当然その部分の塗装ははがれますし、合わせてみると、まともに合わせ面が出ちゃう部分もあります。

シールドアームは「合い」もあまりよくないので、久しぶりにラッカーパテでの合わせ面処理をします。

ラッカーパテは乾燥時のヒケがかなりあるので、乾燥したと思ってもしばらくは置いとかないと、後でラインが出たりします。

この部分の仕上げは来週やりましょう。


IMG_3533 (480x640)
IMG_3534 (480x640)
IMG_3535 (480x640)
IMG_3536 (480x640)
ガンメタの装甲部分もランナーから切り離した部分は筆でタッチアップ。

バーニアを赤塗りしてこんな感じ。


IMG_3537 (480x640)

まだまだ表面仕上げはやるコトありますが、集中力が切れてきたので、今日はおしまい。



IMG_3530 (640x480)

で、次回作はガンダムじゃなく、パトレイバーの1/48イングラムのつもりだったんですが・・・・


IMG_3531 (480x640)
しばらく作っていないHGシリーズが作りたくなって、ブグです。

実はもう改造プランはできています。

どうやら、改造プランが頭に浮かぶMSは作りたくなるようです。

かっちょええの作りますので、お楽しみに!

それにしてもジェスタのLEDキット、届かないなあ・・・・








  1. 2017/03/26(日) 16:24:56|
  2. プラモ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

moonjam2015

Author:moonjam2015
 
 銀行員からレッドバロン店長、自営のバイクネット商売兼老人ホーム介護職員という、さまざまな職歴の後、損保系代理店の営業マンとして走り回っています。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (20)
プラモ (14)
想い出 (2)
バイク (71)
バイクとプラモ (9)
チーム (2)
プラモとクルマ (2)
クルマ (9)
クルマとバイク (6)
バイクとクルマ (2)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR