ムーンライダース

ちょっと古い写真

IMG_1740 (640x480)
写真をまた写真に撮ったので、見にくいのはご勘弁ください。

今から約30年前のワタシの作品、オリジナルガンダムです。1/144スケールでベースキットはガンダムアレックスだったかなあ。
この作品でとにかくこだわったのは顔です。

ヘッドパーツはアンテナ以外、プラ棒からの削り出しのフルスクラッチです。

その他、所々に流用だけでない自作部分があります。

IMG_1741 (640x480)
初代RX-78が一番カッコイイと思っているので、そのイメージを残して、小さい頭にごつい腕のシルエットを作りたかった。

そして、日本人的顔のシルエットではない、白人、黒人的シルエットのヘッドにしたかった。

もう、ヘッドは自作するしかなかったんですね。

IMG_1743 (640x480)
左右幅のほほが狭く、前後に長い外人顔です。

ディジェだったかな、百式だったかな、のビームライフルの形状はお気に入りで、これを持たせるのも決めていて、コイツの似合うRX-78を目指しました。

IMG_1742 (640x480)
いやあ、我ながらカッチョイイのが出来たと思ったんですが、当時、良いカメラを持っていなかったワタシは、作品ごとホビージャパンに送ったんですよ。

「モデラーにしてください。」って手紙つけて。

いやいやいや、自信過剰ですね~!!!いいなあ、若いって。

ま、100%無視されました。なので、手元からこの作品は消えたままで、確か写真撮ったけど、どこに行ったかな~と、思っていたんですね。

昨日、ある探し物をしてるとドドッと写真が出てきたので、今回は過去写真特集です。ので、すべて見にくくなっています。

IMG_1744 (640x480)
さて、今度はマクロスからバルキリーです。

ほぼノーマルで、ナックル部分をプラ棒で作り直しています。

コイツでこだわったのは塗装。

VF-1Sのパイロットがロイ・フォッカーなのを見て、すぐにひらめいて、作ろうと決めた塗装パターンです。

IMG_1745 (640x480)
肩のプレイボーイのマークとスネのA88のマーキングでわかりますよね?

新谷かおる氏の漫画【エリア88】から、F-14パイロットのミッキー・サイモン仕様です!

ラビットマークは手描きです。

機体の端々に姿勢制御バーニアという設定の小穴を開け、焦げ塗装を施しました。

IMG_1765 (640x480)
さあ、ここからはバイク編。

まだムーンライダースのメンバーが大晦日の日の入りミーティングをしていたころ。

この年、2000年はバイクで来たメンバーは少なくワタシの兄もクルマでした。バイクウエアが少ないのはそのためです。

IMG_1763 (640x480)
このとき乗っていったのがモト・グッツィのカリフォルニアジャッカル。

発売間もないモデルを福田モーターから業販で取り寄せて買いました。

IMG_1764 (640x480)
メンバーからは世界一カッコ悪いバイクと言われましたが、走りは一級品でした。

明らかにカタナより速いと感じましたね。

横に並んでいるのはメンバーの中で一番よく走り、ツーリングの好きな方でした。エボのソフテイルとジェベル250でソロツーリングにもよく行かれていました。この3年後だったかな、ジェベルでツーリング中、交通事故で亡くなられました。

ムーンライダース空中分解の、大きな要因になったコトは否めませんね・・・

IMG_1759 (640x480)
ほぼ同じころに所有(この頃は常にクルーザー、スポーツ、オフの3台持ちで、その組み合わせパターンを維持したまま次々と乗り換えていました)していた初代FZ-1。

アベレージスピードは体感とは逆に一番速かったと思います。が、とにかく良く動くサスに、若干の違和感を感じたバイクでした。

IMG_1772 (640x480)
新車で買った最後のニンジャがこれです。

排ガス規制前の実質最終型のニンジャ。何度かこのブログに登場した紳士同盟のニンジャと同年式で同じカラーです。

IMG_1769 (640x480)
ダイナスーパーグライドに乗っていたころ。初めてハーレーにFCRキャブを入れ、その威力に驚かされました。

ただ、キャブがエンジンを回し過ぎる感覚があり、私がハーレーに求めるモノではありませんでした。逆に写真の兄は大のFCR信者、ずーっと全ての愛車にFCRを入れてきており、今もそうです。

IMG_1762 (640x480)
スポーツシングル3台でツーリング。豊岡市のビトーR&Dに見学に行きました。

右端、最初期型、フロント18インチ時代のSRX-6が私のマシンでした。確か購入したのは2003年ごろ。なんと実走1,600kmのワンオーナー車が見つかり、群馬から取り寄せて買いました。本当に端々までピカピカのオリジナルで、奇跡の1台でした。

IMG_1761 (640x480)
さて、時代はぐっと遡り、ワタシがRBに入社して2年目ぐらいのころ。

ショウエイの初代Jフォースが発表され、その通気性能にみんなが驚きました。四国ツーリングで高速を多用しましたが、やはりまだこの時代のジェットヘルは、高速でやや不安定だった。

先日の紳士同盟のツーリングで、今のJフォースの高速性能の目覚ましい向上を実感したのでした。

IMG_1774 (640x480)
このニンジャは仕事終わってから、夜な夜なバラして自分で組んだ1台なので、思い入れがありますね。

クランクバランス取り、コスワースピストンでボアアップ、カムはヨシムラステージ1、ヨシムラミクニMJNキャブ、オーリンズサス、と、ボーナスをどんどんつぎ込んだ1台でした。

RB入社して、店長にはっぱをかけられて、すぐにボロイSRX-6をクランクまで割ってボアアップした次の課題作品で、カワサキのシンプルな作りに唖然としました。こんなコトをさせてもらえる、本当に良い師匠にRBで巡り合えたのはラッキーでした。昔はRBにも職人社員がいっぱいいたんですよ・・・・

IMG_1768 (640x480)
その厳しくも楽しかった、一番バイク屋らしいRB四条畷時代のメンバーでのツーリング。

この後、新人が2回もクラッシュしやがって、帰りは深夜になってしまうのでした。

IMG_1773 (640x480)
さあ、これはRBに入社する前。

銀行を辞めてフリーター時代のころです。後ろのホワイト/オレンジの93年式ファットボーイが私の初大型バイク。限定解除最後の時代でした。

関大前で柔道部の先輩が経営していた喫茶店の前で。

IMG_1766 (640x480)
ダッセー顔して映ってますが、ちょっと季節が悪かったんですよ!

その後、延べ70台に達するワタシのバイク遍歴の第1号、新車で買ったベスパ50sビンテージ。まだ銀行員のころで、中免すら持っていなかったなァ・・・・

ま、ほんの一掴みでしたが、フェザーとエッセの画像ばかりで飽きられないようにしたつもりです。














スポンサーサイト
  1. 2016/07/09(土) 20:41:41|
  2. 想い出
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2016年スタート

IMG_0795 (480x640)
このベストはムーンライダースのクラブハウス的な大阪ミナミにあったバー【ペーパームーン】のマスターのモノです。

もともと、喫茶店として家族経営されていたペーパームーンに集まるマスターの友人が集まり発足したのがムーンライダースなんです。

当初はさまざまなバイクの集まりでしたが、途中からハーレーチームになったそうです。

今とは違い、本当にハーレーは特別なもので、金持ちのオッチャン達の結成するウルトラばかりのハイウェイポリススタイルのチームぐらいしかない時代でした。

IMG_0796 (480x640)
そんな中、このスタイルのハーレーチームは本当にイケてた訳です。

マスターは長身でスタイル抜群、甘いマスクのイケメン(当時はそんな言葉なかったけど)で、マスター目当ての女子がいつもバーのカウンターにいるお店でした。

あ、亡くなってはいませんよ!店をたたんだ頃からアレルギーになってバイクも降りてしまいましたが、今回のアルバムはマスターからラインで送ってもらいました。

IMG_0807 (480x640)
この方がハーレーチームになる中心人物、会長のナオさん。

元シンスケバンドのドラムで、若いときの写真をみるとこれまた超イケメン。私が出会った頃はその面影はなくなっていましたが、独特の個性の持ち主でした。

島田紳助の制作した映画にも出演し、いい芝居をすると、浜村淳氏に深夜番組で褒められていました。その頃私は大学生だったかなあ・・・何もしらずその番組をみてたんです、バイクになんの興味もない頃でした。

ナオさんは癌で亡くなりました。

ペーパームーンの閉店と合わせて、ムーンライダースが事実上の空中分解の要因となった事件でした。

IMG_0804 (640x480)
レプリカじゃない本物で、1777台しか生産されなかったホモロゲモデルXR1000でレースをしようとするメンバーも出てきました。

マスターの高校時代からの友人Mさんです。私を初めてオフ車のキャンプツーリングに連れていって下さった方でもあります。

さらに世の中狭いもんで、私が銀行員時代アメリカンフットボールをかじった時、【ピッグスキンロードランナーズ】というクラブチームと一緒に練習していたのですが、MさんもそのクラブのOBだったのです。

MさんはBMW・R100RSで今も私の兄とツーリングに行かれるロングライダーです。

IMG_0809 (640x480)
カノジョの後ろでヤンキー座りしているのは上のXR1000、Mさんの弟さん。

強烈な雰囲気をもった人でした。よくよく聞くと、暴走族全盛時代、2000人いるチームの特攻隊長だったそうです。マスターがMさんの家に遊びに行くと睨まれて怖かったそうです。

ムーンライダースはメンバーがみんな自由で、まとまりが悪かったのですが、このM(弟)さんは「昔は2000人でも一発でまとまったのになア。」と笑っていました。

IMG_0802 (640x480)
その方がのっていたマシンがこれ。

雑誌で取り上げられたものです。今見ると普通ですが、まだゼロスタイルのなかった時代ですよ!

低いワイドバーで上体は前傾姿勢の下半身フォアードコントロールでぶっ飛ばすのは本当にカッコ良かった。

IMG_0799 (480x640)
兄弟ネタつながりで、チームの中のもう一組、兄弟メンバーが私。

真ん中で立ち上がってるのが私の兄です。兄もチームの中では新参メンバーです。

IMG_0808 (480x640)
バンダナにヒゲという典型的なハーレー乗りスタイルのウチの兄に対し、サラッとベストをひっかけて、長い髪が顔にかからないようにいつも小首をかしげ、肩の力の抜けた自然体なマスターが私は大好きでした。(写真右端)

IMG_0797 (640x480)
ミナミを流すとこの注目度。

まだ限定解除の時代、ハーレーも日本に入ってくる台数は限られていたんです。

IMG_0801 (480x640)
ハマーもまだ珍しい頃。

IMG_0806 (480x640)
90年代後半、ムーンライダースはTVにもちょくちょく出るようになります。

ナオさんが、ある程度そういう世界に接点があった事に加え、一番の要因はある人の参加。

写真は後ろ姿ですが、ハーレーに似合わないグラフィックヘルメットをかぶった人がチームメンバーとして表に出るようになったからでしょう。

チームシンスケで鈴鹿8耐に出ていた国際A級ライダー、千石清一氏です。

シリーズ参戦こそしなかったものの、千石さんはノーマルエンジンの883なのにスポーツスターのオープンクラスでも圧倒的に強かった。コーナリングスピードが段違いでした。

それ以外でも、ボン・ジョヴィがお忍び日本ツーリングをしたときに一緒にムーンライダースが伴走したり・・・

IMG_0805 (480x640)
ハーレーディーラー【テイク】主催のイベントの進行や司会をしたり・・・

IMG_0803 (480x640)
ツーリングに行ったり・・・

IMG_0798 (480x640)
毎年、VIBES誌に取材されたりしていたのでした。

私は最後から2番目のメンバー。最後のメンバーはRB時代の私の後輩。新卒でRBに入社した彼は、TVでムーンライダースを見て、あこがれていたと言いました。

大阪チーム、神戸チームと賑わったものの歳をとり、環境が変わる中で、チームの存続って、楽しいモノからしんどいモノになるんでしょうか?

昨日、大晦日の格闘技が久々に復活したのを見て、同じような時代の流れを感じたのでした。


改めて・・・【横浜ケンタウロス】って・・・すごいね!

  1. 2016/01/01(金) 14:28:21|
  2. 想い出
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

moonjam2015

Author:moonjam2015
 
 銀行員からレッドバロン店長、自営のバイクネット商売兼老人ホーム介護職員という、さまざまな職歴の後、損保系代理店の営業マンとして走り回っています。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (21)
プラモ (17)
想い出 (2)
バイク (78)
バイクとプラモ (9)
チーム (2)
プラモとクルマ (2)
クルマ (11)
クルマとバイク (6)
バイクとクルマ (2)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR