ムーンライダース

梅雨が来る前に

IMG_4115 (640x480)
やっぱり・・・・

先日、追突されたまま全く手を入れていなかったプリンちゃん。

バックドアの変形した部分から、うっすらと錆が出始めました。

事故のあと、やらなきゃと思いつつも出来ていなかった防錆処理をやっておきましょう。




IMG_4116 (640x480)

軽くペーパーをあてて、錆を落とします。



IMG_4117 (480x640)

バッシュ君のフレームにも使用したジンクスプレーを使います。



IMG_4119 (640x480)
マスキングして、吹き終わったところ。

塗膜が分厚く、一発で塗料が乗ってくれます。



IMG_4121 (640x480)
IMG_4122 (480x640)
その上からタッチペンで純正カラーを乗せます。

自家塗装丸出しですが、イメージは使い古されたチンクェチェントなのでイイんです。



IMG_4114 (640x480)

表に錆が出るというコトは裏にも出る可能性があるワケで、内張りを外して中にジンクスプレーを噴射。




IMG_4108 (640x480)

防錆処理、今回の本命はこっちです。




IMG_4109 (640x480)
パネルがS字にへしゃげています。

こりゃ板金したら穴あくなァ。

このカタチでもう強度が出ちゃってるので、そのままが正しい選択ですね。



IMG_4110 (640x480)

左サイドは右サイド程は変形していません。




IMG_4111 (480x640)
車体下に潜って、右サイドの変形部を撮ったものです。

ここもしっかりとジンクスプレーを吹き付けておきましょう。




IMG_4118 (480x640)
こんな感じでジンクスプレーを吹きました。

見えない所ですから、このままでOKです。




IMG_4123 (480x640)
スペアタイヤをセットするとこんな感じ。

全く走りに影響のない所で良かった。




IMG_4120 (640x480)
マンションだと、これらの作業は出来ないので、実家でしたのですが、実家に来たもう一つのお目当てがこれ。

バッシュ君のパルサーカバー交換に必要な工具を取りに来たのです。




IMG_4125 (640x480)
親父と昼食を食べて、帰路の途中、チンクに遭遇。

私の学生時代で、もうすでに板金継ぎ接ぎだらけだったチンク。もともとイタ車は錆易いので当然です。

あれから30年、生き残ってるチンク達は綺麗にレストアされていても、プリンちゃんより傷んだカラダなのでしょうネ。

そう考えると、今回の事故でボディに受けたダメージなんて気にすることはありません。

イタリアでボロボロのままで走っている、爺さんが乗るチンクェチェント(見た事ないけど)を目指しましょう。




IMG_4127 (640x480)
帰ってきて早速パルサーカバーを外している途中、ハッと気づきました。

真ん中のプラグを外す、こんなデカいヘキサは持って帰ってきてない事に。




IMG_4126 (480x640)
大丈夫、車載工具にありました。

一瞬、焦りましたヨ。





IMG_4131 (480x640)

いや、プラグも新品をとっていますが、このパッキンを発注していなかったので、取り外す必要があったのです。





IMG_4128 (640x480)
はい、外れました。

それほどオイルの回るところではありませんし、紙ガスケットがないので、オイルストーンをかける必要もないでしょう。



IMG_4129 (480x640)

センサーを新品パルサーカバーに付け替えます。




IMG_4130 (480x640)
本当に少量しか使わない液体ガスケット。

こういうサイズで売ってくれるのはありがたいですね。




IMG_4132 (640x480)
できたー!!

これでバッシュ君もプリンちゃんも、やらなければ、と思っていたコトはクリアしました。

あとは、やりたいことを妄想して楽しみながら、私自身の身体の回復を待つだけです。

もうバイクに乗れる程度には回復していますが、精神がついてきていません。

四六時中、バイクのコトばかり考えているくせに、乗るのを怖がっているのです。

膝の傷がふさがれば、心もついてくるでしょう。


スポンサーサイト
  1. 2017/06/11(日) 16:38:58|
  2. バイクとクルマ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ハンドルバー交換

IMG_1005 (640x480)
コンパクトにまとまったライディングポジションなんですが、おそらくロングに行くと疲れそう。

もう少し楽にしたくてハンドルバーを交換するコトにしました。

あと、スポーツバイクにメッキパーツは、あまり似合わないと思っていましたし、傷ついたバーエンドも気になっていたんです。

で、使用するのは、このシリーズが出てからは、こればっかり使用しているプロトのイージーフィットバー。

FZS600用なんか勿論のこと、FZ400用なぞも出ているワケないので、まずはノーマルのFZ400のハンドルバーに近い車種を検索します。

幅、高さ、絞りで調べると、近いのはXJR400Rだったので、XJR400R用を使います。

本当はシルバーが欲しかったのですが、XJ用は黒か金のラインナップしかありませんので、ゴールドで行きます。

IMG_1006 (640x480)
バーウエイトはブラックで。

ヤマハ車は比較的バーハンドルでも伝統的に垂れ角の大きいモノが多い気がします。

旧くはRZ250から今のSR400まで、私のFZSもセパハン並みの垂れ角です。

バーハンは垂れ角のない、水平なのが好みです。
XJRはFZとほぼ同じディメンションで、垂れ角が無い感じ。

スイチボックスもほぼ同じなので、ポン付けが期待できます。

IMG_1007 (640x480)
IMG_1008 (640x480)
たいした作業じゃないのでマンションでササッとやっちゃいます。

はい、比較図です。

残念ながら、右スイッチボックスのピン穴の位置が違いましたので、ポン付けとはいきませんでした。

仮止め状態で、実家に行ってドリルで穴をあけましょう。

IMG_1011 (640x480)
ム?

IMG_1009 (640x480)
ムム?

IMG_1010 (640x480)
ムムム?カッコ悪くなっちゃいましたー!!!

そっかあー、このタンクとカウルのフォルムにマッチさせるにはアノ垂れ角が必要だったのかあー!

恐るべしGKデザイン、少しの変更も許してくれません。

MT-07の時から何度も書いてますが、ヤマハ車はカッコよさでノーマルを超えるカスタムはムリ!!!

V-MAXもSRXもそう。

ミリ単位の変更ですらカッコよさがダウンします。

その点、やはりニンジャの懐の深さたるや。

今更ながら感じ入ってしまいますなあ・・・・・

ま、とはいえポジション的にはだいぶ楽になりました。

IMG_1013 (640x480)
ところで、プリンちゃんの方ですが購入してから5年目にして、ついに異音が出てきました。

と言っても、極寒始動時で、すぐ走りだしたときに少し出る程度。

少し温まるとスグ消えるんですけどね。

前回のオイル交換から約4000km、オイル交換しますかね。

そろそろ6万キロなので、新商品の部分合成油に切り替えます。

IMG_1012 (480x640)
新車からマイクロロンだけ添加してきましたが、そろそろシール類へのダメージが怖いので、ゾイルにしました。

色々添加剤も出てきますが、支持されていないものは消えていきます。

ロングセラーのマイクロロンとゾイルがやはり良いと思うんです。

ミリテックとか、見なくなりましたよねエ。

IMG_1016 (640x480)

IMG_1017 (640x480)
タイヤのローテーションも、してもらいましょう。

純正タイヤからエナセーブに変えたせいか、サスがへたって来たせいか、乗り味も低下してきました。

ホントはプリンちゃんの足まわりは、やりたいことが一杯あるんですよね~。

とりあえず気休めに、リアタイヤの空気圧を少し低めにしてもらうよう依頼しました。

IMG_1018 (480x640)
この手間を考えたら、タダみたいな工賃。

私の細かい作業指示もちゃんと聞いてくれるし、ここのオートバックス、かなり気に入ってます。
  1. 2016/03/05(土) 10:59:34|
  2. バイクとクルマ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

moonjam2015

Author:moonjam2015
 
 銀行員からレッドバロン店長、自営のバイクネット商売兼老人ホーム介護職員という、さまざまな職歴の後、損保系代理店の営業マンとして走り回っています。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (21)
プラモ (17)
想い出 (2)
バイク (78)
バイクとプラモ (9)
チーム (2)
プラモとクルマ (2)
クルマ (11)
クルマとバイク (6)
バイクとクルマ (2)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR