ムーンライダース

フェザー継続車検

IMG_1670 (480x640) (480x640)
そーいえば前回の記事で書き忘れてましたが、北海道でキップ切られました。

後席シートベルトです。レンタカーを交代で運転していたのですが、私の番の時、高速の料金所でやられました。

でもね、ついてないとは思いませんでした。もし私が後席に座っている番だったら、間違いなくシートベルトしてません。

そうするとドライバーの方に申し訳ない気分でいっぱいになっていたでしょうから。

IMG_1672 (640x480) (640x480)
さて、今回の本題。FZS600SPフェザーの車検です。

予約した日は天気予報では大雨の日でしたが、この日しかスケジュールが立てられなかったのです。

IMG_1675 (640x480)
ところが、朝は大雨洪水警報の出るドシャ降りでしたが、午後からはカラッとはれたのです。

なんかイイ引きしてんなァ、このバイク。

IMG_1677 (640x480)
年式的にガス検はありません。

不安なのは光軸ですね。スピードメーターは狂っていても、なんとなく勘で当てて通せるので。

ま、あっさりとすべてOKで、珍しくラインが空いていたこともあり、すぐに終わりました。

やっぱり持ってるなァ、このバイク。

IMG_1671 (640x480) (640x480)
IMG_1674 (640x480)
ベムの製作の方は北海道やなんやで、パテを切らしたまま買いに行けずで、先に進んでいません。

とりあえず骨組みをしておきますか・・・・

IMG_1668 (640x480) (640x480)
ベムも作れないコトですし、紳士同盟のエンブレムを加工します。

フライトジャケットの雑誌で見たのですが、ワッペンにヴィンテージ感を出すために紅茶で煮ます。  の、つもりでしたがサイズがでかいので鍋に入りません。

バケツで紅茶漬けにしましたが、紅茶が薄かったようで、ほとんど黄ばみませんでした。

ま、いっか。

IMG_1681 (640x480)

今週の昭和の景色。

IMG_1680 (640x480)
IMG_1679 (640x480)
あまりに雅なのでジーッと見てると、オバチャンに「この建物、いいでしょう?」「この近くのタコ焼き屋さんは小林可夢偉が来ることで有名なんよ。」てな感じで話しかけられました。

ワタシね、結構ビラ配りやらキャッチやら、よく声かけられるみたいなんですよ。

自分では気づかなかったんですが、今の会社に入って、みんなで飲みに街に出た時、社長に笑われて気づいたんですがね。

う~ん、営業で飛び込んだ時もこんなんだったら楽なんだけどナ。

このオバチャンも結構しゃべりこんだ後、保険の営業マンと知るや、ピューッと逃げて行きました(^∇^)
















スポンサーサイト
  1. 2016/06/24(金) 21:28:44|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

いつかは北海道

IMG_1667 (640x480)
バイク乗りになって、すぐRBに就職したため、ツーリングのメッカである北海道に行けなかったのです。

今週、会社の慰安旅行で初めて北海道に行きました。(もちろんバイクではありません)

そういえば、このブログでは初の顔出しでしたね。

前回の記事の501履いてます。シャツはバイクウエアブランド「マックスフリッツ」のモノです。バイクウエアはポッケが大きくて携帯が入れやすく、生地がしっかりしてるので携帯の重みでデロ~ンとならないから、シックなバイクウエアは旅行に便利ですね。

マッサンで有名になったニッカウイスキーの前で。


IMG_1646 (640x480)
IMG_1645 (640x480)
IMG_1648 (640x480)

小樽には昭和の古き良き建物がたくさん残っているんですね、素晴らしい。


IMG_1587 (640x480)

ここも結構良い雰囲気でした。


IMG_1584 (640x480)
IMG_1591 (640x480)
赤レンガと銅と木の組み合わせ、そして煙突は、なんともいえない味わいがありますナ。妖怪人間の舞台にも出てきそう。


IMG_1647 (640x480)
IMG_1657 (640x480)
IMG_1663 (640x480)
IMG_1641 (640x480)
行く先々の観光スポットで、目にすることのできる匠の職人の遺作たち。
いずれ、バイクツーリングで来れるといいですね。


IMG_1665 (640x480)
ところでワタクシ、【隼】の記事に書いたバイクチーム【紳士同盟】のメンバーに加わりました。

【ムーンライダース】のメンバーで今もバイクに乗っているのは千石清一氏も入れて3名(私以外で)のみ。
千石さんはある意味、業界人だから、純粋にバイクが好きで乗ってる人とは少しニュアンスが違う気がします。


もう、集まってカンバンを背負って走るコトはなくなったのです。


紳士同盟のメンバーは、飲み会の席にもカンバン背負ってくるような人達です。そして単純に駄弁っていて楽しい。

とはいえ、イイ歳だというのも自覚していて、カンバンの色が地味なのも、その為なんですね。

で、このカンバンが先日のツーリングで気付いたのですが、押しつけがましくなくてイイ。

ムーンライダースのカンバンの方が華やかで、いかにもといったカッコよさを感じますが、一人で走るときは正直もう恥ずかしい。

ソロで走るときの気分をアゲるアイテムとしても、忘れつつあるバイク乗りの誇りを維持するためにも、今の私にマッチしたカンバンだと思ったワケです。

ま、女性の二股はかけたことはないので、バイクチームの二股は許してもらいましょう、(誰に?)

今はこのワッペンを何に貼るか考えるだけで楽しい・・・・こういうのが、欲しかったんです。




















  1. 2016/06/19(日) 20:30:02|
  2. チーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

リーバイス

IMG_1570 (640x480)
今から7年前ぐらいに買ったリーバイス505。

27歳で銀行を辞めてから41歳まで車のない生活をしていた私は、服といえばバイクウエアにしか興味がなく、ファッションに関しては浦島太郎状態でした。

14年ぶりにビートルを手に入れ、行動パターンの変化から、久しぶりに学生時代から愛用のリーバイスを買いに行ってびっくり。

私の学生時代はリーバイスというか、アメリカ衣料はすべてメイドインUSA。丈夫な素材を雑に縫い合わせたモノでした。値段もリーズナブルでした。

「今のリーバイスは中国製ですよ。」
「え、メイドインチャイナ?いやいや、じゃあユニクロジーンズでいいじゃん。メイドインUSAはないの?」
「ええ、ありますよ。お値段は28,000円になりますが。」
「ええー!!!私の知ってるリーバイスは7,000円位でUSモデルだったのに・・・・」

それで思い切ってこのときはUSモデルのノンウオッシュ505を購入したのです。学生時代から絶対にノンウオッシュしか買いませんでした。

IMG_1566 (640x480)
自由になるお金も、コダワリも、年齢のせいか転職のせいか、ずいぶん減りました。

今回はUSモデルじゃない501を買いに行きました。ダイエットでサイズが学生時代に戻ったからです。

色落ちに関してはもともとコダワリがなかったのですが、質感と体に合って行く縮み方から、こと501に関してはノンウオッシュにまだこだわっていたんです。とはいえ、どんなモノか履き比べてみようとは思っていました。

果たして、そのあまりのフィット感の違いでウオッシュタイプを選びました。

IMG_1567 (640x480)
演出された色落ちには全く興味ありませんが、ショートレングスタイプ(昔はレングスはすべて同一だったと思います。)もあって、まさにジャストフィット。

IMG_1568 (640x480)

こちらがUSモデルの505のタグ。

IMG_1569 (640x480)
501はハイチ製でした。

経済的には現在、後進国ですが、メイドインチャイナよりずっとイイです。

SMAPの草彅クンみたいにマニアになる気持ちも分からなくはないですネ。

IMG_1564 (640x480)
近くの西宮ガーデンズに入っていたリーバイスショップがなくなっていたので、神戸三田プレミアムアウトレットで買いました。

バイク専用の駐車場が広くとってあり、気に入りました。

パニアケースのついたVFR1200やNC750Xでタンデムして来ている夫婦も何組かいて、早く日本にもこんな文化が根付くといいなあ・・・と、思ったのです。

IMG_1571 (640x480)

さて、帰ってきたらベム製作の続きです。

IMG_1572 (640x480)

ちょっとサイズが想定よりデカくなって、パテが足りないぞ。

IMG_1573 (640x480)
IMG_1574 (640x480)
このテのフィギュアを作る時はどうしても人間の筋肉のつき方や骨格を気にしてしまいます。

が、それだとどうしても画一的なガレージキットのイメージになってしまう。

生物でありながら、霊とも戦える、微妙な立ち位置・・・というか両刀使い的な強さが妖怪人間の魅力です。

SFじゃない、おとぎ話(ファイブスターストーリーで永野護氏が何度も言っているように)のキャラとして、自由に作ります。

だって、あんなスライムから一瞬で3体も生まれて、テレポーテーションすら出来ちゃう謎のクリーチャーですからね。









  1. 2016/06/11(土) 18:14:28|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

妖怪人間ベム

IMG_1470 (480x640)
IMG_1471 (480x640)
今から2年前、私が30年ぶりにフルスクラッチしたベロ。

ムーンライダースブログの前身、BikeOfficeナカシマブログを見てくれていた方はご存知ですよね。

RB時代のお客様が買ってくださり、もう私の手元にはありません。

IMG_1536 (640x480)
何気に日曜日の朝にTVをつけると、ガンダムUCが放送されてるじゃないですか!

日曜朝に【機甲界 ガリアン】を見ていた高校時代と、やってること同じだなあ・・・て思ってたら創作意欲がわいてきました。

次はベムでも作りましょう。

IMG_1537 (480x640)
プラ棒にエポキシパテをかぶせて作って行きます。

設計図も何もありません。完全にイメージで適当に作っていきます。

IMG_1539 (640x480)
道具は家庭用のドライバーセットのマイナスと千枚通しの2本ぐらい。

粘土細工と同じように、コネコネと形にしていきます。

IMG_1553 (480x640)
牙や爪を作るのにピンセットがいるので、営業中に見つけた模型店で買いました。

いやあ、ステンレスのヘアラインに田宮の刻印があって、ハイクオリティーですね。びっくりしました。

IMG_1542 (640x480)
IMG_1545 (640x480)
ある程度、段階に分けて、ベースが固まってから肉盛りしていきます。

仕事から帰ってきてからの限られた時間ですが、ヤフオクでビートルやMGミジェットを検索して悶々としているより、ずっと健康的です。

IMG_1546 (640x480)
はい、お顔がほぼ出来ましたよ。

IMG_1547 (640x480)
ビデオも何もない時代に、夕方の再放送を何度も見て、頭の中に叩き込んだイメージだけで作ります。

IMG_1548 (640x480)
文明の利器、今時の画像検索でみると、やっぱり場面によって全然ちがう妖怪人間。各々持っているイメージは違うコトでしょう。

IMG_1549 (640x480)
さて、お次は胴体に行きましょう。

IMG_1552 (640x480)
プラ棒はあぶって骨格を整えましょう。

昔、ガンプラ一色だった頃、ガンタンクのキャノピーを作ろうとして、ヒートプレスしてたんですね・・・・塩ビ板だと思ってたのが違う素材だった為に大炎上。全治2か月の大火傷を負ったコトがあります。注意しましょう。

たばこを吸わない私はライターを持っていないので、ガスコンロでやってたら、アッチッチでした。

IMG_1557 (640x480)
ところで、急に暑くなってきましたし、タイミングだったので、プリンちゃんのオイル交換もしました。

ベム製作記はシリーズで続けますので。

IMG_1554 (640x480)

いつものスーパーオートバックスにて。

IMG_1556 (640x480)
プリンちゃんも6万KMオーバーになりました。営業で使ってると、エアコンつけて休憩したりもするので、走行距離以上に傷むリスクがあります。

上質なオイルを使っていきましょう。

絶対的に信頼を寄せる、アッシュのオイルを選択しました。念のため、過走行車にやさしいと言われる部分合成にしておきます。
ホントのところは100%化学合成の方がイマドキはいいような気もするんですけどね・・・












  1. 2016/06/10(金) 22:45:19|
  2. プラモとクルマ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

エアフィルター交換

IMG_1514 (640x480)
ツーリングに行く前にやろうと思っていたエアフィルター交換。

面倒なことにタンクを外さないとできません。満タンでやりにくかったので、ツーリングでガソリンを使い切ってからやることにしたのです。

IMG_1515 (640x480)
いやーしかし昨日のツーリングも楽しかったなあ。乗るたびにフェザーの新たな良い点が発見できていきます。

昨日はハヤブサのビッグトルクについていくため、追い越し加速でトルクのないフェザーは一気に高回転まで引っ張らないとダメなのですが、そこでヤマハの軽量クランクが生きてきます。

瞬時に吹け上り、一気にパワーバンドに入ってくれるので出遅れません。

低速でぎくしゃくするのに、いつもなんでこんな設定なのか不思議でしたが、ヤマハはスポーツ走行にフィーチャーしていたわけですなあ。加速の良さだけでなく、コーナーでもアクセルワークだけでライン変更ができるメリットがあります。
軽いクランクの方が、トラクション変動がリニアだから。重たいクランクで慣性マスがでかいとワンテンポもツーテンポも遅れますからね。
リーン初期からの高い旋回性とライン取りのフレキシブルさ、ミッションのギア比の良さでワインディングがすごく楽しくて、また惚れ直したのです。

IMG_1516 (640x480)
駐輪場の奥まったスペースで作業開始。晴れた日は蚊が多いですが、昨夜からの雨続きと低温のおかげで、今朝は大丈夫です。

IMG_1517 (640x480)

ここにランプでもぶら下げりゃもっと作業しやすくなるなあ。

IMG_1522 (640x480)
しかもここには、パレットケースが置いてあって、パーツを傷つけず、転がらないようにショートパーツも置いておけるのが助かります。日曜日は管理人さんもいないので、気をつかわなくてすむのダ。

IMG_1518 (640x480)
タンクをヒンジで持ち上げ、ヒューエルゲージの配線と、太めのヒューエルホースを外します。

エアの入り口のように見えるのはタンクのオーバーフローの抜き穴とエア抜きの穴の受け口です。ふつうは長いホースがタンクにつながって車体下まで引っ張っているのですが、こういう作りだと作業が楽です。
ヒューエルゲージの配線も、カプラー端子の片方がしっかりとフレームに固定されているので、片手でタンクを支えながら、カプラーを外しやすくなっています。
電磁ポンプなので負圧ホースもなく、分厚いヒューエルホースはドライバーでこじりやすくて、クリップもプライヤーでつかみ易い。
作業のしやすいバイクです。

IMG_1523 (640x480)

タンクのヒンジを外さないと、エアクリーナーケースのゴム製のカバーが外せない構造です。

IMG_1524 (640x480)
これはサイドカバーを外して横からノアングル。

一体ものの立体的なゴム製のカバーはフレームにささっていて、サイドカバーを取り付ける軸のグロメットも兼ねています。なんて凝った造りだ。

IMG_1527 (640x480)

ほら、こんなに立体的で、取り外しは覆面レスラーのマスクばりの脱がせ難さです。このあたりは大抵、埃がこびりついてる中古が多いのですが、コイツはここも比較的きれいでした。

保管状態が良かったコトの証明です。やはりアタリの車両だったなあ。

昔からヤマハはエアクリーナーボックスからの吸気、共鳴音を消すことに拘っていますね。SRXで邪魔だと思って外すと、吸気音でマフラーを変えたかのような気分になったコトがあります。

そう、バイクは排気音だけでなく、吸気音も重要なファクターなんです。

IMG_1526 (640x480)
ようやくエアクリーナーケースの蓋が見えました。

ついでにラジエターキャップも露出しているので、ラジエター水も変えたいところですが、それはまた次回で。

IMG_1529 (640x480)
エアクリーナーはブローバイガスで変色しているだけで、ほこりが詰まってもおらずきれいなものでした。

そういえばZR-7Sを新車で買って、2万キロでエアフィルター交換したときも全く汚れていませんでした。

ダートを走らない限り、それほど汚れないモノなんです。

IMG_1530 (640x480)
ハーレーほどではありませんが、昨日ブン回したせいか、意外にケースの底にブローバイガソリンがたまっていたので、きれいにふき取ってから、装着します。

ハーレーのブローバイが多いのは排気量の割に、ミッションケースが別なこともあり、クランクケース自体が小さいから。ピストンが下がったときにクランクケースの内圧が上がる、これは分かりますよね。これがポンピングロスというヤツですが、マルチエンジンだと、一つのピストンがさがっても、他の上がっているピストンのシリンダーに圧が逃げますし、クランクケース自体がでかいので、ポンピングは少なく、ブローバイも少ないわけです。ハーレーのビッグボアのピストンが下がったときの圧は相当なモノでしょうし、プライマリーチェーンやミッションが分かれて、そのうえ同軸クランクの幅の狭いケースでは、その圧の逃げ場がないわけですね。

最近、社外品でよくこのクランク内圧バルブが出ていますが、ハーレーやBMWは大昔から純正でしっかりとバルブ機構を作り、対策していました。
とはいえ、ブローバイはかなり噴き出すんですね。

IMG_1531 (640x480)
ついでにタンクの裏もチェック。

錆も出ておらず綺麗ですが、錆防止にシリコンスプレーを吹きかけておきます。

IMG_1532 (640x480)
タンクを取り付けたら、ヒューエルコックを忘れずにONにしましょう。

昔、発売したての初期型のR1を新車で買っていただいた(その方も紳士同盟のメンバーです。腰痛もちなのに今はGSX-R1000、昨日は参加していません。恐妻家という説も・・・でも奥さんがカドヤのヘッドファクトリーのジャケット買ってくれてんだよなあ)とき、納車整備で当時のメカニックがOFFのまま忘れていて、その方が汗だくで押して帰ってきた事がありました。

と、いいながら私も今回作業終わってボデイカバーかけて、「ああっ!!!!」となったんですが。

IMG_1533 (480x640)
IMG_1534 (480x640)
ところで、昨日紹介したニンジャ。

みんなと別れて広島に帰る途中、こんなことに・・・・事故じゃないですよ。シフトチェンジができなくなったそうです。朝、集合したときもシフト入りにくそうにされていました。
ま、ニンジャだし・・・と、気にも留めていなかったのですが。

何だろ?リターンスプリングでも折れたのかな?いずれにせよクランクは割らんとダメかな?

「ニンジャH2のGTバージョンが出たらいよいよ乗り換えか?」なんてみんなで駄弁ってた祟りかもね。









  1. 2016/06/05(日) 12:30:41|
  2. バイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

IMG_1479 (640x480)
RB大阪城東店の店長に就任したときに出会ってから18年目、初めて一緒に走るメンバーとの待ち合わせです。

一番乗りでした。
ここまで来るのに初めてフェーザー(FZS600SP)を高速で全開にしました。

だいたい10,000rpmで200km/hです。車体は全く問題なく安定していますが、少しウインドプロテクションをアップしたいですね。
社外のスクリーンに替えようかなあ・・・

IMG_1480 (640x480)
バイクチーム【紳士同盟】

新旧ハヤブサが1台ずついるってコトもあって、隼駅に行こうって、ベタなもの(W)

IMG_1481 (640x480)
IMG_1482 (640x480)

今日はこの5台で行きます。

IMG_1483 (640x480)
R29のワインディングは車も少なく気持ちよく走れます。それにしても、ヤッパ1300ccのビッグトルクのダッシュ力はたいしたものです。
軽く開けたつもりでも、こっちはそこそこ一生懸命開けなければなりません。

その代わり、コーナーの自由度はこちらが上です。ライトウエイトスポーツの楽しさを満喫できました。

途中、ダムで止めて他愛もない話を駄弁ったりしながら・・・

IMG_1488 (640x480)

目的地に到着。

IMG_1504 (640x480)
ワンマンのディーゼル車が、トラックと同じ音立てて走ってます。

見た目と音のギャップが面白い。

IMG_1492 (640x480)

単線は風情がありますなあ・・・

IMG_1487 (640x480)

・・・ここも萌え・・・か・・・聖地って・・・たいそうなって思っていると・・・

IMG_1499 (480x640)

おお~!?燃費疑惑ジジイの写真があるではあ~りませんかあ!!

IMG_1500 (640x480)
あちこちに隼グッズがあって、スズキが結構バックアップしてるのね。

なんでも聖地巡礼に来るライダーのために、って鈴木会長が新しいトイレを寄贈するらしく、8月7日に初放尿?に来るらしい。

IMG_1486 (640x480)

さて、昼飯でも食いに行きますか。

IMG_1511 (640x480)
何もないところですから、近くの小さなイオンで弁当買って駄弁ります。

他愛もない話が楽しい・・・・私がRBの店長してた頃は、駐車場で何時間も駄弁っておられました。

IMG_1509 (640x480)
向かいに大きなバイクショップがあったので、テクテク歩いて覗きに行きました。

IMG_1507 (480x640)
IMG_1508 (640x480)
今、私が一番欲しいバイクがありました。

ミニモト、好きなんですよね~! ニューモデル《Z125プロ》は写真で見るより、ずっとイイです。

IMG_1513 (640x480)
帰り、少しだけですが、雨にあたりました。

今はもう、天気の怪しい日はバイクに乗らないので、こんなこともナラデハの楽しい想い出になる事でしょう。

IMG_1512 (640x480)
さて、今回も企画をしてくださったニンジャのオーナー。転勤先の広島から合流されました。

月日が経って、このメンバーのバイクで私が契約担当をさせていただいたのは、このニンジャだけになりました。

BikeOfficeナカシマの最後の仕事もこのニンジャの継続車検でした。新車当時、同じ年式で同じカラーのニンジャを私も買ってたので、自分のバイクではありませんが愛着があります。

感謝・感謝・・・私が店長になろうが、降格されようが、ずっと肩書きじゃない、(ホントにバイクマニアの営業マン)として応援してくださった方々です。

あ、でも広島に帰る途中でシフトチェンジが出来なくなり、レッカーされている画像がフェイスブックに・・・・・お疲れさまでした。












  1. 2016/06/04(土) 21:20:00|
  2. バイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

moonjam2015

Author:moonjam2015
 
 銀行員からレッドバロン店長、自営のバイクネット商売兼老人ホーム介護職員という、さまざまな職歴の後、損保系代理店の営業マンとして走り回っています。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (20)
プラモ (14)
想い出 (2)
バイク (71)
バイクとプラモ (9)
チーム (2)
プラモとクルマ (2)
クルマ (9)
クルマとバイク (6)
バイクとクルマ (2)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR