ムーンライダース

1/144ゼータプラス

IMG_2628 (480x640)

ウーム、なんてカッコいいんだ・・・


IMG_2622 (480x640)

どうですか?


IMG_2626 (480x640)

後姿もほら・・・・


IMG_2627 (480x640)

ヤバイ、しびれる・・・


IMG_2623 (480x640)

ほれてまうやろー!!!!


IMG_2613 (480x640)
前回の予告通り、今回はガンダムユニコーンに出てたニッチなMS、量産型ゼータガンダムともいうべきゼータプラスです。

こんなモビルスーツ、知らなかったのですが、キットを見て一目ぼれ!


IMG_2615 (640x480)
ゼータですから、変形します。

でも、変形するんだったら人型兵器の優位性という設定を根本から揺るがすことになりかねない?

変形に必要なアクチュエーターとか、クリアランスって、兵器として考えたらどう考えても無駄が多すぎるでしょ?

ましてや複雑な構造は前線での信頼性を低下させますよね?

だから、ワタシの中で可変MSってありえない。

そんな思いすら抱かせない圧倒的なデザイン力をもったバルキリー以外、可変兵器は認めません。

あ、でもガーランドとモスピーダはバイクベースだから好き。


IMG_2616 (640x480)
とはいえ、ガンダムの世界を壊す気もないので、ニュータイプまでいかない、あるエースパイロット向けのカスタム仕様という設定でアレンジしていきます。

これがノーマル、覚えておいてくださいネ。


IMG_2641 (640x480)
使える流用パーツ用のキットを物色してると、これまた見たことないMSが。

シルヴァ・バレト?めっちゃ使えそうなパーツ構成、デザインをしています。

いただきましょう。


IMG_2525 (640x480)
IMG_2526 (640x480)
シールドはゼータプラスのものはウエーブライダー形態の機首になる部分、可変しないなら不要ですから、シルヴァの方のシールドを加工。

ですが、結局デザインバランス上よくなかったので、使いませんでした。


IMG_2527 (640x480)
シルヴァ・バレトにある、インコミュも排除。

フタをして、エネルギーパックのスペースを増やした設定とします。

これもパイロットの好みで、旧来からの運用しやすい兵器で固めた、というコトにしています。


IMG_2521 (640x480)
IMG_2522 (640x480)
胸のダクトの下に出っ張ってるフィンも不要ですから、切り取ります。

そのままでも良いのですが、ガセットを設けることで純正っぽくなります。プラ板で追加しましょう。


IMG_2523 (640x480)
IMG_2524 (640x480)
バックパックもそのままポン付けでもイイのですが、全方位センサーカメラを追加して、ニュータイプなら「感覚で索敵」できるところを一般ピープル向けに機械の性能で補っている、てコトに。

ここにもガセットを設け、後付け感をごまかします。

で、この反り立った後ろ襟、可変用プレートですが、コイツもどうにかしないと不自然。


IMG_2631 (640x480)
短くカットするだけでは余計に不自然ですから、こういう形状に削り、それらしく。

こうすることでヘルメットの後方のセンサーカメラが露出します。ノーマルだと完全にセンサーカメラが隠れています。

ま、流用パーツにいいモノが用意できたおかげで、自作加工したのはこれだけです。

とにかく今のガンプラはスタイルもディティールも良いので、昔のような大幅な切った貼ったをしなくて済みます。


IMG_2629 (640x480)
IMG_2630 (480x640)

改造らしい改造をした部分のアップです。


IMG_2633 (480x640)

見事にバランスが取れました。


IMG_2634 (480x640)

これほど流用パーツが違和感なくハマる事例はすくないですね。


IMG_2617 (480x640)

ラウンドバーニアンのような・・・


IMG_2638 (480x640)

オーラバトラーのような・・・・


IMG_2639 (480x640)
IMG_2640 (480x640)
IMG_2637 (640x480)

モーターヘッドのような・・・・


IMG_2621 (480x640)
でも、ガンダムの世界観はしっかりと残したスタイルに仕上がりました。

人気はありますが、【鉄血のオルフェンズ】は好きじゃないんです。

あのメカデザイン、キャラデザインを使うなら、世界観を含め、ガンダムにラインナップするのではなく、全く別設定のアニメにして欲しかった。

だから、創作意欲が全く湧きません。

IMG_2528 (640x480)
まあこの通り、元のデキが良いからなんですが、久々に納得のいくスタイルのMSが作れました。

満足、ちょーカッコイイと思います。

IMG_2618 (480x640)
IMG_2620 (480x640)
満足したから、てワケじゃないけど、しばらくガンプラは休止かな?

な・ぜ・な・ら

ついに来ます!!!

CB1100ブラックスタイル!本日ディーラーに入荷しました!!

来週納車予定でございます。

上がりまくりです!!!

















スポンサーサイト
  1. 2016/10/29(土) 21:03:13|
  2. プラモ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

おれ今日バイク

IMG_2517 (640x480)
最近、チュートリアルの徳井氏がバイク乗ってることをアピってるでしょ?

もともとは福田氏の方がガッツリとバイクマニアだったのにね・・・・

どうもね、ムシズが走るんですよ、そこをウリにする芸能人。

いや、いいんです、ホントに好きで、バイク雑誌に取材されたりする分には、むしろ親近感がわくんですが、トークの端々に入れられるとイラっとくる。

そんな中、甲本ヒロト氏はいいです。


IMG_2519 (640x480)
幸せだよね、俺たち。バイクに乗ってるんだから、人をうらやましがることなんてないんだ。だってバイクに乗ってんじゃんお前!

バイクだよ!バイクじゃなきゃダメなんだ!

行きつくところ、この2つのセリフに集約されるバイク乗りの本質。

甲本氏は超マニアックなバイク乗りのくせに、それを自分を演出する手段には使わない。

感性がそこにあるから、自然に歌にはなるし、結果として彼のウリにはなってるんだけど、彼の場合は許せる。

生きざまがバイク乗りだから。


IMG_2518 (640x480)
普段から断捨離しまくる私は今、CB1100発売当時のバイク雑誌を捨てたことを猛烈に悔やんでるんですが、コレ、7年前のストリートバイカーズ誌。

バイクピクニックというワード、と甲本ヒロト氏が気に入って捨てられない。

違う雑誌なのに、同じ12月号に出てるのは偶然かな?

この頃からカッコイイなあ、と思いだしました。

今も昔も、彼らの音楽は全く好きじゃないんですが・・・・・

この頃、ラジオで聞いたんですよ、甲本ヒロトが喋ってんのを 「何気に、やっぱ俺たちの歌ってイイなあ、って自分で歌ってる。」


自分がイイと思ったものを売ってる・・・・・

企業じゃなく家業なんですよ、この人。


音がやっぱり違うからと言って、この時代にあえて分厚い特別に思いLPレコードを出したり・・・・・

機能だけじゃなく、味わいを追及するバイク乗りの発想とおんなじ。


何よりこの体形を維持してる。音楽とファッションがこれじゃないとサマにならないからでしょう・・・・・


貫いてるんですよ、スタイルを、この歳まで、そしてこれからも。


IMG_2520 (640x480)
ルイスレザーのライダースが日本一似合うのはこの人ですよ。

カドヤやラングリッツ、ヤーターヘイじゃなくルイスが似合う数少ない日本人。

人生ブレまくる私にとって、憧れの人になってしまいました。



あ、そうそう、【ZRX1200R】の記事に書いたトクさんは、ちょっとザ・クロマニヨンズっぽいんですよ。


IMG_2528 (640x480)
さてさて、10月も終わろうというのに、いまだCBは納期が出ません。

今週はコイツを相手にひきこもりダ。

ウーム、カッチョイイ!!!

アニメの設定は知りません。初代ガンダム以外、その後はZと逆シャアしか知らないので。

キットとして造形意欲が湧くかどうかで選んでるのです。

改造、製作もだいぶ進んでいますが、記事は次に回しましょう。


IMG_2384 (640x480)
仕事帰り、走ってるのは初めて見ました。

メーカー純正痛車、シャア専用オーリス。

ガンダムマーケット、恐るべし!


IMG_2514 (640x480)
さてさて、またもや営業中発見シリーズ。

憧れの67ビートル。しかもヤナセもの。純正度高し!

実は、このオーナーさん、たまたま私の勤務先事務所に停車されていたコトがあって、たまらず話かけたことがあるんです。

純正カラーで一度リペイントされたようですが、端々に当時ものの純正オプションも装備されていて、ノンレストア車としてはヤレた感じを含め、最高のコンディション。


IMG_2513 (640x480)
三角窓の窓枠にもサビはありません。

前回お逢いしたとき、オーナーに頼んで、アチコチ触らせてもらいました。

絶対腐っているドアの底辺もしっかりしていました。さすがにバッテリーフロアまで見せてとは言えませんでしたが・・・・

ビートルはドアの底辺とバッテリーフロア(最終メキシコビートルはMFバッテリー採用なので、バッテリーフロアは大丈夫でしょう。)が腐るので、ここがしっかりしていれば信用できる車両ですね。


IMG_2515 (640x480)
1200、1300、1600エンジンが出回ってる中、数少ない1500ccエンジン。それを収める67フード(リアのエンジンルームの扉)は私がビートル一筋だった時代でも貴重なパーツで高価なものでした。

一見、違いの判らない、この年式だけのレングスなんですよ。

燦然と輝くヤナセステッカー。昔はこのステッカーの右端に小さなシリアルナンバーがあって、顧客管理をしていたそうです。

ちなみに私は大学卒業時、最初に内定いただいたのはヤナセでした。親の猛反対で、地方銀行に就職しましたが・・・・


IMG_2512 (640x480)
オプションのポップアップリアウインドー。

ビートルのリアウインドーは基本ハメ殺しで開きません。

そういえば、中島家2台目の自家用車だったダイハツ・コンソルテ・ベルリーナ・クーペもポップアップウインドーでした。

昔はリアウインドーは開かないモノだったんですよ。

今の人は三角窓ともども、知らないんでしょうね。

ビートルが6V電装か12V電装に移り変わった1967年。

6Vスタイルと12Vスタイルの中間デザインをもったという点で人気でした。

でも、私にとっては私と同い歳、ってのがイイんですよ!













  1. 2016/10/23(日) 08:27:37|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

1/144ゲルググ

IMG_2378 (640x480)
嗚呼、CB1100ブラックスタイルはまだか?

やい!ホンダ!新型発表してる場合じゃねえダロ!!!注文分をチャキチャキ作らんかーい!!!

せめて納期ぐらい出さんかーい!!!・・・・て、私も業界人でしたからホンダの体質は知ってますが・・・・

と、ゆーわけ?で、今回はゲルググ作っちゃうもんねー。


IMG_2379 (640x480)
アンシンメトリーの美学こそがジオンのモビルスーツ。その中で、カッコよくまとまりすぎてて現役時代(ガンプラブームの中学時代ですな)は手を出さなかったゲルググ。

やはりカッコイイ!

誰でもわかりやすいカッコ良さですね。

の割にはブタ鼻は一般ウケしないかなァと、顔をリファインすることにしました。

でも、デザインを見直せば見直すほど、このブタ鼻が無くなるとバランスが狂うことが分かります。

ゴジラの顔のようにカッコよさと、イカツさを両立させていて、ボディとのバランスからもこれ以上のモノは作れません。

さすが、シンプルな線でキャラの立ったメカをデザインされる大河原先生。


IMG_2311 (640x427)
ガキの頃、このデザインが大河原先生のデザインとは知らずとも、衝撃をうけたものです。

今思えば、ヤッターワンのあたりでも、アンシンメトリーな良さを作り出されていた大河原邦夫大先生!神だ・・・・

IMG_2310 (640x480)
さて、決めていたのは、モノアイをやめて【ファイブスターストーリー】に登場する【モーターヘッド】の目のような処理にすること。

ブタ鼻には何等かの機能設定があるものとして、代替の2つ穴を必ず設ける事。

そして、シャアに並ぶエースパイロットが乗る高機動タイプだというのをゴテゴテさせずに匂わせる事でした。

IMG_2312 (640x480)
作っているウチに烏天狗のイメージがヒラメキました。

実家にあるディジェのキットから背中のハネを流用しようか?とも考えたのですが、シールドを斜めに背負った姿が捨てがたくてヤメました。

IMG_2366 (640x480)

はい、顔が出来ました。


IMG_2365 (640x480)
ジオンのMSなので、最初ピンクの目にしたのですが、全く目立たなかったので、塗りなおしました。

で、お気づきでしょうが肩の装甲に穴あけ加工して、センサーとバーニアも追加しています。


IMG_2367 (640x480)
ブタ鼻に変わり、両サイドに穴を設けました。

【強殖装甲ガイバー】が両サイドから息を吹きだすのを思いだしたんです。


IMG_2357 (640x480)

さて、製作過程でトラブル発生です。


IMG_2358 (640x480)

ポキッというより、ぐにょって感じで折れちゃいました。


IMG_2360 (640x480)
何とか直そうとしたのですが、パーツの分割構成的に、節度のある動きと強度を保つのは困難です。

二重関節の一方が動かなくなるだけなのですが、中途半端はヤメて今回は固定ポーズで仕上げる事にしました。


IMG_2373 (640x480)

固定ポーズだと作業は一気に進みます。


IMG_2376 (640x480)
IMG_2375 (640x480)
IMG_2374 (640x480)
これはもう、ゲルググじゃないな。

ブタ鼻は、ザクのアンシンメトリーデザインに変わるジオンらしさを演出する重要な「崩し」だったんですね。


IMG_2372 (640x480)
プロには勝てないものの、それらしくまとめる事は出来たのではないでしょうか?

いつものジジの隣で。


IMG_2377 (640x480)
ああ、やっぱりザクって素晴らしいデザインだなあ・・・・

と、いいながら、リベンジのGMのキットを買っております。


















  1. 2016/10/15(土) 21:15:55|
  2. プラモ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ゼファー750

IMG_2297 (640x480)
バイクのない間、ガンプラネタでこの週一ブログをつなぐつもりでしたが、チョットした写真を目にしたら、過去に私が所有したバイクについて語っていこうと思います。

恐らく、文章だけなら余裕でCBが納車されるまで、記事を作るブレインストックはありますが、写真がないんですよね。

割とあっさり断捨離するタイプなので、過去のバイク雑誌も残っていません。

で、結構あとで後悔することが多いんですけどネ。


IMG_2298 (640x480)
で、今回の教材はゼファー750。

私がRBに入社した1996年当時、国内仕様は単色のみでしたが、RBが逆輸入していたゼファー750には火の玉カラーが先駆けてあったんですよ。

1100や400と違い750だけは海外デザインらしく、単色だとモッサリと見えるタンクがきらいでしたが、火の玉に塗り分けると割とモッサリ感が薄れるんですよね。

で、丸いカムカバーやシリンダーのフィン形状が素直にかっちょいいなー、と思っていました。

当時1993年式ファットボーイにのっていた私は、新車で国産のこんなヴィンテージ感のあるバイクが買えるとは知らなかったのです。

そして時が流れ、私が大阪城東店の店長をしていた99年に玉虫(グリーンタイガーという人もいますが)カラーが国内仕様で発売されます。

そのカッコよさに私は買ったばかりのW650を下取りにして購入します。

でもね、実はこの写真は排ガス規制後のモデル。

私が買ったのは排ガス規制前なので、タンクカラーは同じですが、全く味わいが違うんですヨ。


IMG_2304 (640x480)
いや~、本当に写真が残ってなくてスミマセン。

これが1999年式、排ガス規制前最終のゼファーです。

見た目の違いはメガフォンサイレンサーの長さが規制後は長くなっています。で、マフラーの話ついでですが、ゼファー750はノーマルマフラーが一番!!

私はすぐに一目ぼれしたモリワキモナカ管を買ったのですが、まろやかなトルク感が消え、味わいのない、ただウルサイだけのエンジンになってしまったので、すぐノーマルに戻しました。


IMG_2300 (640x480)
750でありながら、コンパクトな車体と足つきのよさ、扱いやすいトルク特性から、こんな道でも走れちゃうゼファー750。

実際、先の写真の夜走りの時、道路に油が流れてて、突然ズルッと滑りましたが、すぐ立て直せました。


IMG_2303 (640x480)
そしてこのシート。

シンプルすぎるデザインが当時は嫌いでしたが、メチャメチャ秀逸。

足つきが良いのに、全くケツが痛くなりません。

前下がりで、体を支えるのに必死にニーグリップしたり、手に要らん力が入ることもありませんし、後ろ下がりにケツが沈み込んで腰が痛くなることもない、素晴らしいシートです。


IMG_2302 (640x480)
こうやって見ると、低めのハンドルですが、高過ぎるハンドルは逆に肩がコリます。

ノーマルながら、ややバックステップ気味の位置関係と相まって、ポジションは私にとってオーダーメイドされたかのよう。

下道で日帰り700kmツーリングで、体に痛い部分がでなかったのは未だこのバイクだけです。(176cm、63kg、やや短足で)


IMG_2301 (640x480)
さて、ここからがゼファー750選びの重要なポイントです。

なにせ絶版になってからの高沸でバカげた値段になっていますから、慎重に選ぶうえで元プロらしい重要な話をしますよ。

じつは排ガス規制前と後ではエンジンが全くと言っていいほど別物になっています。


IMG_2305 (640x480)
全てシルバーの排ガス規制前のエンジンは見た目にもヴィンテージ感があり美しいのですが、黒塗り切削加工された排ガス規制後のエンジンは、丸いカムカバーの上に乗っかった四角い2次エアー導入装置の不細工さを隠すためには有効でも、750のエンジンには似合いません。

そして、ゼファー750のエンジンを改良して作られたZR-7というモデルが出ますが、これはエンジンを作る金型や、素材自体が違います。

このZR-7も私は購入しました。

新車からカラコログットントンと異音を発するZ650から始まるゼファー750のエンジンですが、ZR-7になると、まるでホンダのエンジンのように洗練されています。

Z650、よく言うザッパー系のエンジンはカワサキにしては珍しく、クランクの回転をミッションに伝える一次減速がチェーン駆動です。ホンダはドリームCB750の時代からチェーンですが、カワサキはZⅡを代表に、ギア駆動ばかりなのに、です。

で、このチェーンが踊らないように丁寧な作りをしているホンダに対してカワサキは良く言えばシンプル、悪く言えば雑なので、チェーンの踊る音がする。

チューナーがカワサキ車を愛するのはその丈夫さから、と言われます。

分かりやすく例えれば、一つの軸を支える時、ホンダなら小さな部品3つ使うところを、カワサキなら丈夫で分厚いパーツ1つで支えるような感じでしょうか?

緻密で時計のようなホンダのエンジンは異音を出さず、ノーマルなら最高なのですが、限界までチューンすると部品が破損するといわれていたのはこの為です。

デカい部品一つだと、熱膨張したときに発生する誤差も当然大きくなるでしょうから、それに備えてクリアランスも大きめになる。これをバックラッシュといいますが、要はゼファー750のエンジンがガランコガランコ言うのは、トラブルではなくて、これらの音なわけです。

ZR-7はクランクケースの構造を変えて一次減速のチェーンの踊りを抑え、シリンダーの材質を変えてオイル漏れを抑え(逆に言えば、排ガス規制によってエンジンの燃焼温度が高くなるので、対策しないとエンジンが持たない。)た全く新しいエンジンのようになったのです。

その結果、カワサキファンが愛するカワサキ空冷4気筒の、いわゆるゴリゴリ感が消えてしまっています。

ゼファー750というバイクは自分をベースにモデルチェンジされたバイクのエンジンを、また自分用にカムカバーやシリンダーフィンの形状を化粧しなおしして戻された(ZR-7のカムカバーやフィンは角ばった形状)という、他に類を見ないバイクかもしれません。


IMG_2306 (640x480)
さあ、アナタならどの年式のゼファーを選びますか?

でも、低速ではガラゴロと振動の多いエンジン(規制前)でしたが、高速で7,000回転まで回すとウソのようにシューンと回ってくれる。そのうえ2バルブエンジンの特性で、ブン回しても燃費があまり変わらない。

ホントにツーリングにピッタリのバイクだったので、良くあちこち行ったよなあ・・・・

これでカウルがあれば最高と思ってたところに、ZR-7Sが出たから喜んで買ったのに、味が消えてただけじゃなくて、あのハーフカウルは横風にメチャクチャ弱くて、横風の強い橋の上では命の危機にさらされる程でした。

需要と供給で値段の決まる市場とはいえ、はっきり言って今の中古相場は異常です。そのお金を出すなら私だったらZRX400にZZR600のパーツを組み込んだバイクを作りますな。


IMG_2251 (640x480)
IMG_2241 (640x480)
IMG_2246 (640x480)

どうしても空冷が欲しいならこっちのほうが賢い買い物ですヨ・・・早く来ないかなあ・・・・・




  1. 2016/10/02(日) 13:20:02|
  2. バイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

moonjam2015

Author:moonjam2015
 
 銀行員からレッドバロン店長、自営のバイクネット商売兼老人ホーム介護職員という、さまざまな職歴の後、損保系代理店の営業マンとして走り回っています。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (20)
プラモ (14)
想い出 (2)
バイク (71)
バイクとプラモ (9)
チーム (2)
プラモとクルマ (2)
クルマ (9)
クルマとバイク (6)
バイクとクルマ (2)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR