ムーンライダース

初RG(リアルグレード)完成!

IMG_3049 (640x480)
IMG_3050 (640x480)

今年最後の作品です。



IMG_2741 (640x480)

リアルグレードのシャアザク。


IMG_2743 (640x480)

箱を開けると、内箱までキレイ!



IMG_2744 (640x480)

パーツ(ランナー)の多さにげんなり。



IMG_2742 (640x480)

組み立て図も、本です。



IMG_2745 (640x480)

多数色を1つのランナーに射出するのもスゴイのですが、これは序の口でした。



IMG_2746 (640x480)
いつもドライブラシで仕上げるのですが、今回は無塗装で行きます。

と、いうのも、コレはギフト用に作るので、塗料で関節強度が落ちるのを防ぎたかったし、製作者のカラーを投影させたくなかったからです。

とはいえ、写真でもわかるように、整形上どうしてもマーブル状に変色してしまっているいる部分がどうなるか、気になるところです。



IMG_2820 (640x480)
IMG_2821 (480x640)
IMG_2822 (640x480)
さっき、多色ランナーが序の口と言ったのは、このRGの骨格となる可動式インナーフレーム。

なんと、ランナーから切り離すだけで、OKです。

射出されたランナーの状態で可動する関節が出来ているではありませんか!


IMG_2823 (640x480)
動力パイプもスプリングを通すのですが、ランナーの外から通しやすいように考えられた形状で至れり尽くせり。

基本、骨格に外装を組んでいくだけなのですが、パーツが多すぎて、どこでどういう構成となっていくのか、さっぱり理解できないまま、ひたすらパズルのように組み立てます。


すると・・・・





IMG_2747 (480x640)
IMG_2748 (480x640)
IMG_2749 (480x640)
IMG_2750 (480x640)
よく見てくださいネ!

ニーアーマーや外装パネルが骨格の動きに連動して展開して動くのです。

可動範囲の広さといい、カラクリのような動きといい、驚きのレベルを超えていました!

しかも、これがセメントなしのパチ組みで全て作れてしまうのです。いや、むしろセメントがはみ出して可動を妨げるリスクを考えると、正しい製作方法でしょう。

このパチ組みのパーツ構成も見事で、日本古来に伝わる木造建築のハメ合わせのレベルです!

日本の匠の技はガンプラの世界で生まれ変わっていたのです。

「ガンプラなめたらあかんで!!子供のオモチャやないで!!!!日本の誇りや!!!!」

と、世界に叫びましょう!!!!



IMG_3004 (640x480)
ただね、それが楽しいかと言われれば、そうじゃない。

中学時代、ある作業に失敗して、私は全治3か月の大火傷をおいました。

そこまでして、HOW TO BUILD GUNDAM の技術を磨いていたのです。

切った、はった、削った、伸ばした、塗った、が我々世代のガンプラの醍醐味なのかもしれません。

立体パズルを作りたいワケではないのです。



IMG_3003 (640x480)
IMG_3005 (640x480)
IMG_3002 (640x480)

取り敢えず組み上がりました。



IMG_3001 (640x480)
このキットのスゴイ所は、見えない部分のデティールまでがモールドされているところです。

ザクマシンガンの弾倉には弾丸のモールドがあり、2重構成のバックパックもカバーの下には、メカらしいディティールがちゃんとモールドされているのです。

手抜きのいい加減な品質管理で、ユーザーをだましている大企業でモノづくりに携わっている方々、ぜひRGを作ってみてください。



IMG_3047 (640x480)
IMG_3048 (640x480)
ペーパーがけして、表面仕上げをして、デカールを貼り、バーニアの内側の赤塗りだけして、艶消しトップコートを吹いて完成。

9/4の【1/144ザクⅡ HG】の記事で作ったザクとの比較。

リアルグレードとハイグレードの差、一目瞭然です。



IMG_3029 (640x480)
IMG_3033 (480x640)
IMG_3028 (480x640)

どうです?



IMG_3034 (480x640)
IMG_3036 (640x480)
IMG_3038 (480x640)

いやもう、みとれます。

絵でもスゴイんですが、立体になったときのザクのデザインの素晴らしさたるや。


IMG_3025 (480x640)
IMG_3026 (480x640)
IMG_3027 (480x640)

頼む、大河原邦夫氏にノーベル賞を!


IMG_3040 (480x640)
IMG_3041 (480x640)
IMG_3044 (480x640)
IMG_3045 (480x640)
IMG_3046 (480x640)

どんなポーズも思いのまま。


IMG_3051 (640x480)
ギフト用ですから、あまりいじらずパッケージングしましょう。

喜んでくださるとイイなァ。



IMG_3052 (640x480)
こないだ記事にしたエグザスターのブーツの箱を切った貼ったして、箱がつぶれないように。

今回はギフトですが、もし私の作風が気に入ったという方がいらしたら、製作代行も検討中。

色々やってみないとね!

ご希望があれば非公開にしますので、コメント入れてくださいませ。











スポンサーサイト
  1. 2016/12/30(金) 14:25:09|
  2. プラモ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

初回点検

IMG_3009 (640x480)
いや~寒いですね。

ちょっともう長時間は乗れなくなってきました。

いい天気ですが、ツーリングはやめて、昨日書いた通り、初回点検に持っていきましょう。

その前にフロントフォークのスプリングプリロード調整。

先日、リアのプリロードを最弱にしましたが、フロントは基準値のままでした。

まだギャップに対し突き上げ感が強いので、フロントもプリロードを下げます。

マイナスドライバーでアジャスターを1目盛り分、緩めました。

乗った感じ、これぐらいの方が良いです。

タンデムでもしない限り、基準値は固すぎる気がします。



IMG_3010 (640x480)
ホンダドリーム神戸灘。

冬物アパレルが豊富です。

最近のホンダのバイクウエアはオシャレになってきましたね。

値段も、作りの割にリーズナブルで、イイと思います。



IMG_3011 (640x480)
ピットは間口が広く、使い勝手は良さげですが、冬場は寒そう。

ここは白バイがよく入庫しています。

今日も旧型のVFR800白バイがいました。



IMG_3012 (640x480)
なーんにもやるコトないんですが、チェーン調整をしてくれたようです。

MT-07みたいに初期伸びはなかったので、ほんの少し張った程度。

メカニックは非常に対応の良い方でした。



IMG_3013 (480x640)
作業を待っている間、ホンダバイクスという雑誌を見ていました。

新型のCB1100の記事。

サイドカバーがアルミになるんですね、ポン付け出来たら欲しいなあ。

シンプルなデザインでSRXを思わせるサイドカバーだったので、販売された時から、アルミのヘアライン仕上げだったらイイのに、と思っていたんですよね。



あ、ペダルもアルミ製だ!

これもいいなあ。

それぐらいですね、新型でうらやましいのは。






  1. 2016/12/25(日) 20:00:03|
  2. バイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

気分だけはTOP GUN

IMG_2992 (640x480)
先週は記事が書けませんでした。

会社の大きなイベントがあったり、飲み会が多かったりで、結構ぐったりしていた上に、火曜日に試験があったものですから、土日はお勉強でした。

一通り落ちつき、今週は元気回復。

今日は午後から家族サービスなので、朝のシャワー前にぶらっとひとっ走りだけ。



IMG_2993 (640x480)
伊丹空港です。

私の学生時代はクルマを停めて空港を見れる場所も多くて、近場のドライブデートスポットでした。



IMG_2995 (640x480)

朝日をバックに飛行機が離陸するので、この写真の反対側にはカメラ小僧(じじい)たちの三脚がズラッとならんでいました。


IMG_2998 (640x480)
キュゴーンと飛び立つ飛行機の下をバイクで走るのは痛快です。

トップガンのいろんなBGMが頭をよぎります。

戦闘機ではなく、旅客機ですが・・・・



IMG_2984 (640x480)
IMG_2985 (640x480)

撮影スポットを求めてウロウロする時も、UターンのしやすいCBは苦になりません。



IMG_2986 (640x480)
IMG_2987 (640x480)

先々週に取り付けたコインホルダーはやはり、あまりにもダサかったので取っ払いました。


IMG_2999 (640x480)
あ、そういえば初回点検ださなきゃだなァ。

何もしてもらうコトはないんだけど、万が一メーカークレームになるようなトラブルが出たときに、点検に出していたという証拠を残しておかないと、ネ。


IMG_2996 (640x480)

でも、明日も天気よさそうだし、走ろうかな。







  1. 2016/12/24(土) 09:50:48|
  2. バイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

一生モンのバイク選び

IMG_2937 (640x480)

きのうアップしましたトクさん夫妻、一泊ツーリングから無事に帰られたそうです。



IMG_2939 (640x480)
宿をとって夫婦でツーリング。いいものですネ。

子供を親にあずけて、奥様の息抜きをさせてあげる。素晴らしい企画だと思いますが、私は出来てないなア。

きっと、これまでとは違った気分転換になったのではないでしょうか?


IMG_2938 (480x640)
途中で虹が見れたと、写メをいただきました。

もしクルマの旅なら、なんとも思わない景色だったかもしれませんね。

そう、なぜかバイクで見る景色は違うのです。


IMG_2924 (500x500)
私以外の人のバイクをアップしたついでに、私の兄のバイクも紹介しましょう。

このカリカリにチューンナップしたXL1200Sは峠用で、ツーリング用のBMW R100RSの二本立て。あと、通勤と義姉さん用のPCX125があるので、3本立て。

クルマはFJクルーザーですから、私以上のスキモノだとお分かりいただけるでしょう。


IMG_2934 (480x640)
ハーレー業界では超有名なカスタマーである【シウンクラフトワークス】の松村さんが【モトコム】の職人だったころから、兄貴はそのセンスに惚れて任せていたそうです。

これまでも、チョッパー、バガー、と、徹底的にハーレーをいじってきましたが、全体のセットアップは松村さんが手を入れているようで、シウンクラフトワークスのブログでチェックできます。


IMG_2928 (500x500)
チョッパーでもバガーでも、共通してるのはとにかく「走れる」マシンに仕上げていたコト。

なので、もうひとり、ずっとお付き合いしている方がおります。

昔、チームシンスケでから8耐に出たことで有名になった千石清一さんです。

千石さんはずっとBMW派ですから、兄貴もR100RSをツーリング用に買ったワケです。こちらもかなりセンス良くカスタムされているので、また紹介出来るといいですネ。


IMG_2926 (500x500)

IMG_2927 (500x500)
このパーツチョイスを見てもらえればコダワリも見えてくるでしょう。

エンジンはブランチヘッドを使用してサンダンスでチューン。足回りのセットアップを千石さんと相談しながら、外装と全体の仕上げをシウンクラフトワークスで、という感じです。


IMG_2925 (500x500)
で、兄貴がボソッと言うんです。

「この2台でアガリかな・・・」

そう、私もそうですが、アラフィフライダーにとって、もう先が見えてくるんですね。


IMG_2922 (640x640)
過去、延べ70台に至るバイク遍歴を持つ私ですが、「ちょっと乗ってみよう。」と思って買ったバイクは1台としてありません。

「コイツを一生乗ろう。」と思って手に入れてきました。

だからこそ、こだわってしまう。


IMG_2920 (500x500)
こだわればこそ、持っていられなく事が出てくるわけです。

「ただ、乗れればいい。」のであれば、それこそどんな状態でも、どんなバイクでも持っていられるでしょう。

レンタバイクや試乗車なら、エンジンから異音がしても、気にならずブン回せるように。


IMG_2921 (500x500)
しかし、良い事かもしれませんが、悲しいかな年齢とともに、コダワリというものは減ってきます。

そして、月日の流れは加速度を増して、凄い勢いで過ぎていきます。

もう、20代、30代の頃とは違うのです。

どんなバイクでも、基本整備さえすれば、あと20数年は走れるでしょうから、どんなバイクでもアガリバイク足り得るワケです。



IMG_2923 (640x640)
長持ちするバイクは何だ?と、突き詰めた時期がありました。

エンジンの圧縮比が低い方が耐久性がある、だったらヤマハBT1100ブルドックだ!

いや、フレームが命だろう、ならクロモリフレームのBMW、Rシリーズはどうだ?古いパーツの供給も世界一安心だといえるメーカーだ。

いや、縦割りでも横割りでもない、クランクケース自体が一体形成のモトグッツィのエンジンの方が長持ちすんじゃね?

いや、味はあっても所詮、空冷エンジンは水冷エンジンより金属疲労が激しいぞ!

で、当時、行きついた答えはCB1300でした。
水冷エンジンとは思えない低い圧縮比。水冷のくせにオイル容量は4ℓもある。バイクとしては初めての冷間時にはクーラントの循環をストップし、オーバークールを防ぐ冷却系。
そしてなにより、中古車屋として見てきた、ホンダ車のエンジンの驚異的な「古くなっても調子を崩さない」実績!


でも、すぐ飽きそうなので、CB1300を買うコトはありませんでした。

でも時が経って今、そのクランクを流用して味のある空冷エンジンに仕立てたCB1100が私の愛車になりました。

もう通勤にも使いませんから、マイクロロンやスーパーゾイルに頼らなくても、私がバイクに乗れなくなるまで走れるコトでしょう。

そうあって欲しいものです。







  1. 2016/12/11(日) 19:58:06|
  2. バイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ハイオクorレギュラー

IMG_2931 (640x480)

前回載せたニンジャのオーナーからお届け物が!


IMG_2933 (640x480)
独特のテーパーが、穿いた時、足の甲の上で独特のフォルムを作ってくれます。

やはり永遠の定番501。

とはいえ、時代に合わせ微妙にラインが変わっています。

でも、変えてほしくない。なぜなら、自分の体形を維持するためのメジャーなんですよ。Gパンや革ジャンは。


IMG_2932 (640x480)
20年ほど前に買ったそうですが、ほとんど履いてなかったようで、表面の毛羽立ちが残っています。

嬉しいメイドインUSA!!!


IMG_2936 (640x480)
贈り物といえば、今年の9/17、ZRX1200Rの記事にアップしたトクさんから写真が届きました。

ツーリング中みたいです。


IMG_2935 (640x480)
トクさんは奥様も大型二輪免許を取得されたのです!

女性の行動力はすごいなあ。子育てもまだ終わっていないのに、「忙しい。」を理由にしないですよね、女性は。

私は共働きで、ガッツリ朝から晩まで赤ん坊の面倒を一人で見る経験をしてきたので、育児が社会で働くより、ある意味ハードワークだと知っています。

主婦を「三食昼寝付き」などと言ってるバカは死んだほうがいいかも、です。

このCBはレンタルバイクだそうです。奥様がどんなバイクを選ばれるのか、楽しみですね!!


IMG_2914 (640x480)
さて、先週取り付けたコインホルダーの使い勝手を試しましょう。

それと、チェックしたいコトがありました。

カパッ!とアクセルを開けるとチリリリッ!と軽いノッキングを起こします。

私が想定しているより、低速トルクが薄いのか、しばらく軽量ボディのバイクが続いたせいで、感覚が狂ったのか?

購入後、ハイオクしか入れてこなかったので、レギュラーを試してみます。

勿論、一般的にハイオクの方がノッキングは起こしにくいのですが、圧縮比の低いレギュラー仕様のCBにはハイオクが向かないのかも?と、思ったのです。

空冷らしい味を出すために、点火タイミングを含め、細かい設定を(天下のホンダ)がやってるんだから、何かしら変化があるかも?とも・・・


IMG_2915 (640x480)
あ、コインホルダーは、狙い通りの使い勝手の良さです。

グローブをしたままでも、料金所でスムーズに小銭を渡せます。

さてさてレギュラー仕様のバイクでも、ハイオクを入れると良くなるバイクは大型バイクほど多い気がします。

ニンジャもそうでした。特有の3,500rpm辺りのトルクの谷がある回転域で粘り強くなります。

一方で、DT50のような古い2ストにハイオクを入れると、本当にカブってしまい、エンジンがかからなくなります。

レギュラーとハイオク、どっちでも一緒なんていう人もいますが、明確に違うのです。

であるなら、愛車には、より良いガソリンを入れたくなりますよね?

私の言う「良い」は機械の負担が少なくなるコトです。

ノッキングは乗り方で消せますが、同じ乗り方で、よりノッキングの少ない方がイイと思うわけです。


IMG_2916 (640x480)
ここが、ETCの使えない料金所です。

私がもっとも多用する有料道路です。

ここの為に、コインホルダーを取り付けたんです。

で、レギュラーを入れたフィーリングですが、はっきり言って分かりませんでした。

ノッキングの起こる状況もほぼ同じです。

ならば安いレギュラーガソリンがイイのか?

燃えにくいハイオクの方が燃焼室にカーボンがたまりやすいのでは?

一定以上の圧縮がないと、ハイオクに含まれる洗浄成分も役をなさないと言います。

何が正しいのか、わかりません。

唯一、今回感じ取れたのは、アクセルオフ時のギクシャク感がハイオクの方が若干少なかった事です。

これは仮説でしかありませんが、レギュラーよりハイオクの方が比重が重いそうです。同じ体積で混合気を作ったら、ハイオクの方が濃いセッティングになるはずです。

濃い混合気は低速トルクが増し、アクセルワークに対し、穏やかな反応になります。

対して、最大出力は適正混合比の中で、薄い状態の時の方が出ますし、高回転まで回りやすくなります。

ただ、燃焼温度も高くなるので、焼き付き防止のため、適正値よりやや濃いめのセッティングで落ち着くわけです。

いわゆる、「ガソリンで冷やす。」ってヤツです。

これはカタナをチューンアップした時、油温計で実体験しました。

つまり、排ガス規制をクリアするために、ノーマルで極限まで薄いセッティングがなされたイマドキのバイクには、ハイオクの方が負担が少ないのでは?という仮説が成り立ちます。

なので、やはりハイオクでいくことにしました。


IMG_2907 (480x640)
そういえば、久々に正統派のレースマンガが出ましたね。

ああっ女神さま!のような感じではなく、キャラクターの登場のさせ方が、正統派スポ根マンガのそれなんです。

展開がたのしみです!

  1. 2016/12/10(土) 15:48:32|
  2. バイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

エトセトラ

IMG_2886 (480x640)
前回ちょこっと書いたレザーシャンプー。

昔はボトル入りだったのに。エコですね。



IMG_2887 (480x640)
洗濯機にぬるま湯をはり、琥珀色の液体を投入すると乳化して白くなります。

使用上の注意点としましては家族のいないときにこっそりと行うということ。

と言うのも、結構ワックス臭がするからです。

洗濯機で何してんの!?と、奥さんと娘に怒られてしまいます。



IMG_2888 (480x640)
ザブンと放り込んで、揉み洗いをして馴染ませて10分つけ置きします。

その後、普通に洗濯機を回します。



IMG_2889 (640x480)
直射日光はさけて干します。

同じ時期に買った2本ですが、バイク専用に使っていた方は表面が荒れて、しっとり感が失われています。

さすがに7年間ノーメンテはまずかったかな?

それでも、全くカビも出ないし、硬化もひび割れもしない。

転倒しても破れないし、ある程度の雨でも大丈夫。

クシタニの革の技術はたいしたもんです。

グローブなんかは本当に実感できますが、革の伸びる方向も熟知して作られています。


IMG_2885 (480x640)
あ、グローブといえば、東単の安モノグローブが使い物にならなかったので、思い切って新調しました。

結論、バイクウエアに関しては「安物買いの銭失い。」は、本当に当てはまります。

勿論、予算もあるコトですから、ワケの分かんないモノを値段につられて新品にするくらいなら、信頼のブランドモノを中古で買った方が賢明かもしれません。

さすがに、手汗のかくグローブは気持ち悪いので、新品を買いましたが、手痛い出費です。

信頼のブランド、ゴールドウィン。

昨日のツーリングでも全く指先は冷えませんでしたし、フィット感、操作感も上々でした。



IMG_2835 (640x480)
コロッと話は変わりますが、CBに夢中でプリンちゃんのエンジンオイル交換を忘れてました。

前回交換から6,000km走っていました。


IMG_2836 (480x640)

ま、忘れてたというか、ミッションオイルの方に気とお金をとられていたので、後回しになっていたのです。



IMG_2831 (640x480)

今回使用したのはこのオイル。



IMG_2834 (640x480)

ま、夏ほどオイルに負担もかからないので、高価なアッシュを使わなくてもいいでしょう。



IMG_2833 (480x640)
でも、オートバックスに来た本当の狙いは、こっちだったのです。

昔は、いっぱい種類のあった、コインケースや小物入れ。

ETCの普及で、ほぼ絶滅状態です。


IMG_2873 (640x480)
私が行動するうえで、最も使用する有料道路はETCがないのです。

この有料道路を使わないと、ものすごい遠回りを強いられます。

その200円の出し入れの為だけに、タンクバッグを持ち出すのも嫌だったんですよ。



IMG_2874 (640x480)
IMG_2875 (640x480)
ちょっとしたチカラで、クルッ!パチン!と、想像以上に節度のある作動をしてくれます。

リザーバタンクの上に両面テープで固定。

この位置だと、ほとんどハンドルから手を離さず、親指で跳ね上げ操作ができます。


IMG_2876 (640x480)
進行方向に対し、まっすぐになるように。

リザーバタンクのキャップボルトにも、付けたままでアプローチできるようにしました。

何気に一番面倒だった、懸念材料が解決でき、気分も上がります。



IMG_2877 (480x640)
気分が上がったついでに、ツーリングの汚れを落としてやります。

これで、次のライディングも気持ち良く出来ますね。



IMG_2880 (640x480)
まだ新車の固さもあるのか、サスの動きが非常に悪いので、突き上げ感が結構あります。

フロント、リアともプリロード調整機能しかありません。

標準値で乗っていましたが、リアを最弱にしましょう。

直立ポジションは、路面からの突き上げが腰に直接きて、腰痛だけでなく、ケツが痛くなる要因にもなりますので。



IMG_2881 (480x640)
クッション性のある袋に、かなり充実した車載工具。

でもね、イマドキのバイクもクルマも、出先で何か起こった時は対処できるレベルじゃない。

だからコレは工具箱行きです。



IMG_2879 (640x480)
ETCの配線のためにシート下のケースに切り欠きを入れてるんだけど、雑!!

ま、このレベルですよね、企業の整備士は。

家業レベルの職人に自分のバイクは任せたいなァ。

だからRB時代、自分のバイクの新車の組み付けは、絶対に自分でしていました。

とはいえ、一時期ほどのコダワリは歳と共に減ってきましたし、お気楽に楽しむようにしましょうか。

このスペースにはツーリングネットでも入れておきましょう。













  1. 2016/12/04(日) 13:54:06|
  2. クルマとバイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

慣らし完了!そして750ニンジャ

IMG_2866 (480x640)
このブログの前身BikeOfficeナカシマのブログには何度も登場した極上750ニンジャ。

大学柔道部時代の後輩の愛機となった後も、愛着をもって少しずつ手を入れてこられ、これ以上の最終型750ニンジャを探すのは難しい、といっても過言じゃない車体になりました。


IMG_2869 (480x640)
このフェイスにどれだけの人々が魅せられてきた事か?

さて、このオーナー、もともと大型免許を取ったとき、当初の候補はCB1100だったんですね。

それが巡り合いで極上Z750FX3を購入、その後、このニンジャに乗り継いだのですが、ボチボチもうちょっとゆったり走りたい気分になっていたんですね。そこにワタシがCB1100をブログにアップしたもんだから、思いは膨らみ、ついにニンジャからCB1100への乗り換えを決意したのです!



IMG_2870 (640x640)
30万スタートでヤフオクに出品中!

べらぼうに高沸する相場を考えれば、超お買い得車なので、ドシドシ入札してくださいネ!



IMG_2843 (480x640)
ところで今日は、降水確率0%!

行くしかないでしょう!この革ジャン、はっきり言って着る分には大成功でした。

でも、革ジャンってやっぱり所有感を満たすものじゃないとダメかも・・・・

最近、革ジャンの本ばかり見ています。


IMG_2844 (640x480)
今日で慣らしを終わらせましょう。

午後から検査入院している親父を病院に迎えにいくので、昼には戻らなければなりません。

いい天気で、暖かくなる予報ですが、朝晩はやっぱり寒いなあ・・・・



IMG_2850 (480x640)
いつもの定番ルートで、一気に滋賀まで。

まだ暗いですが、ここまでは想像より暖かかったので、安心していました。



IMG_2851 (640x480)
ところが、夜が明けてきても寒くなるばっかり。

山をなめてたかナ?



IMG_2853 (480x640)
IMG_2852 (640x480)
鯖街道に来ても、ほぼ0度。

でも景色はキレイ!



IMG_2854 (640x480)
こういったアングルで見ると、湾曲したエキパイもイイですね。

ストンと落ちて4本出しか2本出しにつながる方が力強くてカッコイイと思いますが、集合もアリかな。



IMG_2855 (640x480)
きれいな空と雲。

バイクだよ!バイクじゃないとダメなんだ。



IMG_2856 (640x480)
小浜にきて国道27号線に入ると天気予報通り、少しは暖かくなってきました。

それにしても、ホンッとに乗り降りが苦にならないバイクです。

停めた後、エンジンをかける時の音がまたイイもんだからね~。

降りるのが苦じゃないバイクこそが最高のツーリングバイクって説もあるけど、一理ありますな。

ちゃんと休憩が取れるのは、安全につながるからです。



IMG_2857 (640x480)
ウーム、、身体が冷え切ってしまいました。

前回と同じく舞鶴でマクドナルドに入って暖をとります。



IMG_2858 (640x480)
さあ、ここからあったかくなるぞー!!

と、思ったら、綾部あたりは、すんごい霧でした。

チョーさぶいんでやんの・・・・



IMG_2859 (640x480)
嗚呼

せっかくの景色が高速で壊されちまったか・・・・

こうやってお気に入りのルートがどんどん浸食されていく。

その一方で、アマゾンでバイク用品を買って、早く来るのを喜んでる。高速道路の恩恵を享受してるわけです。

私は、人間とは、なんと愚かな生き物なのでしょう。

シャアに粛清してもらうしかないのか?


IMG_2860 (640x480)
さて、CB1100ブラックスタイルですが、勿論すべてブラックアウトする必要はないと思うのですが、ミラーとヘッドライトステーはブラックが良かったなあ。

風圧に耐えられなくなってビキニカウルでも付けりゃ、また見方も変わるでしょうから手は入れませんけどね。



IMG_2861 (640x480)
はい、大好きな国道173号線でオドメーターは1,000kmを越えました。

慣らし完了です。

アタリが少しついてきて、エンジンも回りやすくなって来ました。

これから、少しずつ上の回転域でのCBも楽しんで行きましょう。





IMG_2863 (480x640)
帰ってきて、クシタニショップが自宅付近にあるのはラッキー。

レザーシャンプーを買いに行きました。前に記事にしたエクスプローラージーンズも7年目で、だいぶ傷んできた事に気づいたからです。

コイツは汚れ落としと油分補給が洗濯機でできちゃうスグレモノです。


IMG_2864 (480x640)
ところで、前回書いた、トップブリッジにプロテクターシートってのが気乗りしなかったので、キーホルダーを交換することにしました。

赤い革って、なんか好きなんですよ。

さて、今日はちょうどトータル7時間で、300km走りましたが、ケツもヒザも大丈夫でした。


シートは、かえなくてもイケそうです。



















  1. 2016/12/03(土) 21:41:53|
  2. バイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

moonjam2015

Author:moonjam2015
 
 銀行員からレッドバロン店長、自営のバイクネット商売兼老人ホーム介護職員という、さまざまな職歴の後、損保系代理店の営業マンとして走り回っています。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (21)
プラモ (17)
想い出 (2)
バイク (78)
バイクとプラモ (9)
チーム (2)
プラモとクルマ (2)
クルマ (11)
クルマとバイク (6)
バイクとクルマ (2)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR