ムーンライダース

1/144ゼータガンダムRG(リアルグレード)

IMG_3318 (480x640)

ガンダムマークⅡがポシャッた後、結局ゼータガンダムにとりかかりました。


IMG_3319 (480x640)

どうもね、RGの魔力にはまったようです。シャープなモールドもそうですが・・・・




IMG_3320 (480x640)

組んでる途中のこの、ワケの分かんない感!



IMG_3335 (640x480)

この質感の高いデカール(肘関節の軸のところ)、ちっちゃいけど、貼るとホントに金属みたい。



IMG_3350 (480x640)
いや、実のところ、娘は学習塾に行かず家庭教師を呼んでいるんですが、週2回リビングを占拠されてしまいます。

その間、なにも出来ないのもヒマで、娘の部屋に追いやられた私が、ニオイも出さず、削りカスも出さず、手軽に感動を味わえるのがRGだったというワケです。



IMG_3342 (640x480)
一方で、LEDセット納期の3月が近づいてきたので、棚上げしていたジェスタに取り掛かりだしました。

一番のポイントの顔です。

頭のなかでイメージしながら、部品のカタチと構成を見ながら、現物合わせで改造していきます。

イメージは以前の記事に書いた通り、エクゾスカル零と、コマンダーゼロの掛け合わせですので、顔は強化外骨格のゴーグルを再現したかった。

ビガッと光る零の赤い目を作る為、適当に切った貼ったしていきましょう!



IMG_3345 (640x480)

む・・


IMG_3349 (480x640)

むむ・・・


IMG_3351 (480x640)

むむむ・・・・


IMG_3353 (480x640)

むむむむ・・・・・


IMG_3367 (480x640)
おお~!なんとなく、零っぽいフェイスになりました。

今はビルダーパーツが色々出てるので楽ちん!

何でもフルスクラッチだった昔とは、隔世の感がありますなあ・・・・・


IMG_3368 (480x640)
あと、頭の中に浮かんだのが、マイナーですが、【テクノポリス21C】というアニメの主役メカ、【ブレーダー】です。

後頭部の蛇腹のようなデティール、鼻よりおでこの方が出っ張った逆スラントノーズ、当時はかなりのインパクトで、今みてもやはりカッコイイ!(知らない人はググってみて!)

あくまで、ガンダムの世界観を壊さない程度にこれらのデザインソースを落とし込んで行きます。



IMG_3369 (640x480)
今回はスプレー缶で塗装します。

エアブラシの方がホントは良いんだけど、無いモノはしょーがない!

だいたい、狭いマンションでコンプレッサー回した日にゃ、離婚の危機がやってきそうです。



IMG_3374 (640x480)

悩んだ挙句、色はガンメタにしました。


IMG_3375 (640x480)
耳の部分のパーツを変えたので、そこにかかるバイザーも、少し延長し整形します。

意味のない穴(業界では、これをやりだしたデザイナー、出渕裕氏の名をとって、ブチ穴と呼ばれているそうですが・・・)はこれまた意味のないプラスモールドのネジのようなパーツで塞ぎました。

だって、強化外骨格にもいっぱいあるんだもん、世界観が近づくよね?

ただ、零にある、額の〔七生〕マークはモールドしません。

ちょっと・・・そこまでやっちゃうとって感じなので。


IMG_3341 (640x480)
一方、コマンダーゼロのイメージ再現に、絶対ハズせないのが電磁ブレイカーでしょう。

これまた適当に作っていくのですが、実は頭の中ではグルグル構想がまわっていて、モビルスーツの兵器感と世界観を壊さない範囲を模索しているのです。


IMG_3376 (640x480)
ナックルガードを加工して、サフェーサーを塗ったところ。

ここまでして、あまりの天気の良さに我慢が出来ず・・・・



IMG_3371 (480x640)
やっぱりバイクにのるのダ!

ジェスタ・ゼロとゼータガンダム、並行作業でいつ仕上がるのか?

ああ~!夢中になってたら、ヤフオクで入札してたベイツのナイロンジャケットが高値更新して落札されてる~!

そういえば、前回記事にしたコンビニ、やはり今朝も超かわいいコが2人いました。

かなりヤバイです・・・・




スポンサーサイト
  1. 2017/02/25(土) 22:15:25|
  2. プラモ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

リミットは2週間

IMG_3340 (640x480)
こんな感じで、料金所でおじさんに手を伸ばすと、「お、すごいねー!」といって受け取ってくれます。

自宅傍の200円料金所はこれでクリアーです。



IMG_3323 (640x480)
色々あって、2週間全くバイクに触れなかったら、もうダメ。

やっぱりバイクに代わるものを持ち合わせていない様です。


IMG_3325 (640x480)
心の洗濯、とか言う表現もありますが、私の場合、ちょっと違います。

心の洗濯はアニメやガンプラでも出来ます。

私にとってバイクはシャープナーなんですね。

ナイフで鉛筆の芯を削り出す感じ。


IMG_3324 (640x480)
あ、しばらく使っていないアロンアルファって、クチのところに固まりができてて、出てこないでしょ?

あれをナイフで落とす感じかなあ・・・・

心の中に、色々こびりついて、固まったり、ドロドロしたものを削ぎ落してくれるのがバイク。

かといって、飛ばさなくてもイイんです。



IMG_3321 (640x480)
とはいえ、2週間ぶり、しかもこの寒い時季に乗ると、バイクが大きく感じます。

つまり、扱えてない、乗れてないんです。

飛ばさなくても、この感覚は許せない。

この週末は、久しぶりに予定が入らなかったので、土日2日続けて乗れました。

すると2日目はバイクが小さく感じ、ホッとします。


IMG_3322 (640x480)
ところで、革ジャンの上にGジャンのカットオフを重ねるスタイル。

いかにも、って感じですが、コレ、意外に良いんです。

革自体が冷たくなるのを防いでくれるので、見た目以上に保温効果があります。

恐らくナイロンジャケットなら、それほど差は感じられないのかも知れませんが、革には効果アリです。


IMG_3326 (480x640)
実家近く、能勢電【畦野駅】前のラーメン三十郎さん。

結婚する前は、毎晩のようにココのKラーメン(ピリ辛)で、バイク通勤で冷え切った体を温めていました。

インパクトは薄いんですが、クセになる美味しさ。

ここらは家庭持ちの完全なベッドタウンのせいか、飲食店はことごとく潰れるんですね。でも、大繁盛しています。

19年ぶりに行きましたが、相変わらず絶品。

大将も変わらず元気、奥様?か知りませんが、お手伝いの女性も変わらずキレイなままでした。

顔立ちも声質もちょっと女優っぽいんです。


IMG_3339 (640x480)
キレイといえば、翌日の日曜日に立ち寄った、神戸市北区唐戸辺りのファミマ。

ここ、日曜の午前に立ち寄るコト4戦4勝の確率、かなりのレベルで可愛いアルバイトがいます。

オーナーが厳選しているのか、粒ぞろいで、若い兄ちゃんからオッサンまで、この娘たち目当てのイチビリ客もいたりします。


IMG_3337 (640x480)

イートインのコーナーも広く、日当たりもいいので、冷えた体を温めるには最高です。


IMG_3338 (640x480)

ま、残念なのはイートインコーナーだと、バイト女子が見えなくなっちゃう事かな・・・・


IMG_3336 (640x480)
元町方面から有馬街道に上がる、入り口あたりに最近できた、古民家カフェ?風のお店。

仕事中、気になったのですが、クルマが停めれない。

で、バイクで来てみたのですが、朝は閉まっていました。

バーがメインのようですね。











  1. 2017/02/19(日) 12:55:33|
  2. バイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

バレンタイン・ビートル

IMG_3330 (640x480)

バレンタインに嫁さんがビートル買ってくれました。













ウソです。











IMG_3317 (480x640)
大学5回生から、社会人一年生時代に乗っていたので、1992年ごろの写真。

過去、4台所有した中で、一番のお気に入りだった、’72年式1200スタンダード。

年式でいうと、1300CCや1600CCはビッグテールのテールレンズにプレスバンパーの時代なのですが、廉価版の1200スタンダードのみが6Vルックの面影を残す、ある意味希少な時代のモデル。

シングルバンパーだったのをWバンパーにかえて、ダッシュパネルにタコメーターとアンメーターを埋め込みました。

メーター埋め込みの板金作業はガンプラの延長線上ですね。

ありがたかったのが、VW純正のスプレーペイントがまだ手に入ったコト。

この時代はアチコチにヴィンテージカーのショップがあった時代だったのです。


IMG_3312 (480x640)

本当に嫁さんから戴いたのはコチラ。


IMG_3310 (480x640)

娘は友チョコを生産していました。

私は、余った切れ端ブラウニーを大量にいただきました。


IMG_3316 (640x480)

紙袋からオシャレでしょ?


IMG_3313 (640x480)

チョコもアーモンド入りで美味でした。



IMG_3314 (640x480)
IMG_3315 (640x480)
ダイキャスト製のミニカーが付いていて、なかなかのデキなんです。

嫁さんも娘も、私がこの色を気に入ってる事を知っています。


IMG_3331 (640x480)
これが大学3回生の時、初めて買ったビートル。

写真ではそれなりにキレイですが、ボロッボロのベース車両にパテ盛りして凹みをごまかし、缶スプレーで塗ったので、塗装がはがれて大変でした。

’73年式の1300ですが、いろんなパーツが欠落していたため、運行そのものが不安だった車両ですが、若さと貧乏は最大の武器。

今となっては一番印象に残っているクルマです。

一つ例に挙げますと、ビートル、古い空冷ポルシェのエンジンはシリンダー自体をシュラウドで囲み、クランクケースの動力で回る倍速ファンで空気を吸い込み冷却します。

このシュラウドの中にオイルクーラーも装備されているので、常に強制冷却されています。

ですから、日本の渋滞であっても、空冷エンジンながら、安定して走行できるのです。

ですが一方、冬の始動時にはオーバークールになってしまうのでは?

そう、それにもちゃんと対応していて、気温に応じて作動するオートチョークと連動するように、外気がシュラウドに入る量を制御するフラップも付いているのです。

これらは、センサーによる電子制御ではなく、温度によるオイルの固さの変化や金属の膨張を利用して作動する、機械式のカラクリなんです。

で、私のこの1300はこの制御フラップが欠落していたので、冬場は暖気にかなりの時間を要したのです。

このように、ビートル(シトロエン2CVもそうですが)は、ヒーターやウインドウオッシャーに余分なモーターや電気部品を使うのではなく、スペアタイヤの空気であったり、エキパイの熱であったり、冷却ファンの風であったり、そういう機械的なものを、非常に優れたアイデアで必要な箇所に送り込む機械仕掛けのカラクリが満載なのです。

そして、このカラクリが世界中のクルマの中で最も優れていたのがビートルです。

だからこそ、トラブルがなく、耐久性に優れ、あらゆる気候に対応でき、世界中に広まったのです。

そのカラクリを理解していくだけでも、ビートルはワクワクして楽しいクルマなんですネ。


IMG_3327 (480x640)
さてさて、デート中にクラッチワイヤーが切れてレッカーされるというトラブルを経験したワタシは、社会人になって、国産のダイハツ・ロッキーに乗り換えます。

でも、我慢できず、1年足らずで、ビートルに舞い戻ります。


IMG_3328 (480x640)
メキシコ製ビートルの新車、キャブ仕様の最後の1台をFLAT4で購入します。

このころはバカだったのでキャブにこだわっていたんですねえ・・・

コイツは結構、ヒドイ出来のクルマでした。

西ドイツ仕様のビートルとは比べ物にならないクオリティーの低さで、完全にFLAT4に騙されました。


IMG_3329 (640x480)
三角窓の建てつけが悪く(どんなボロい中古でも本国製のビートルでは起こらなかった)雨漏りがするので、面倒になってワンピースウインンドーにカスタムしたり、ポルシェアロイのホイールに変えたりしました。

この時代のメキビーはまだエアコンは標準装備ではなかったので、私はエアコンを付けていなかったんですな。

真夏の神戸花火大会はもう、死ぬかと思いました。

この頃から、彼女の事より、自分の趣味を優先させていたワケです。


IMG_3334 (640x480)
このビートルにだいぶ煮詰まって来た時に、兄貴がバイクに復活したんです。

私は2輪免許すら持っていませんでした。

ここから、銀行を辞め、2輪免許をとり、限定解除するまでは、ホント、なにかにとりつかれたかの様でした。

そして、28歳から42歳まで、私はクルマのない、バイクだけの人間になるのです。


IMG_3332 (480x640)
で、最後にてにいれたのが、’99年式メキビーです。

残念ながらほとんど写真を納めていませんでした。


IMG_3333 (480x640)
カラクリはだいぶ電気制御になり、エアコンも標準装備でインジェクション。

各部のクオリティーもだいぶ良くなり、普通に使える1台でした。

嗚呼、やっぱりまた欲しいなあ・・・・・



  1. 2017/02/18(土) 18:08:51|
  2. クルマ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

失われた伝説(ゆめ)を求めて

IMG_3270 (640x480)
前回の続き、マークⅡのスネパーツに筋彫りをします。

設定画通りのラインではなく、単純なラインで失敗のリスクを避けました。


IMG_3308 (640x480)
で、設定とは違うグレーに塗り分けました。

モールドと相まって、かなりメリハリが利いたと思います。


IMG_3306 (480x640)
ね?

と・こ・ろ・が・   ですよ。

このマークⅡ、お蔵入り、てか処分となりました。


IMG_3307 (480x640)
墨入れ、兼、色調を整える為に薄く溶いたエナメル塗料を全体にシャブシャブしてふき取っていきます。

昔はウエザリングの技法の一つでしたが、今はウオッシングと名付けられているようです。

ところが、ゲルググを作ったときもそうだったんですが、エナメル溶剤が樹脂を劣化させ、パーツがボロボロと粉砕していくのです。

昔のガンプラでは起こらなかった現象です。

スチロール樹脂の素材が明らかに違うのです。

ましてや、パーツの小さなRGだと致命傷でした。

超可動を楽しむイマドキのガンプラでは「失われた技法」と言えるでしょう。

なんかウオッシング専用塗料とかも出てるみたいだけど・・・・

マークⅡは勿体無いですが、こうやってブログに残せますしね、いい時代だなア・・・「同人誌」なんて必要ない時代になったんだ・・・・


IMG_3278 (640x480)
一方、コイツはすごいなあ!!!

失われない道具の代表じゃねえの?

あまりのタイミングでキッチンにあったので、カミちゃんに、「これ、何でできてんねやろ?すごいなー!」というと、ゴミ箱をあさってくれて・・・・


IMG_3279 (480x640)
ヤシの繊維にハリ金。

ウーム、昭和どころか明治って・・・・


IMG_3280 (640x480)
やっぱり天然素材に勝てないものは、まだまだあるんですね。

なんか嬉しい。

長生きして、どこまで現存するのか見届けてやる!


IMG_3295 (640x360)
思考回路はどこまでもアニメやマンガのようで、失われた技法からパッとひらめいたモスピーダのテーマ。

ストーリーは全く印象に残っていませんが、音楽はイイなあと思ってたんですね。

タケカワユキヒデ氏や久石譲氏がやってたんですナ、そりゃイイはずです。


IMG_3281 (640x360)
可変戦闘機レギオスはヴァルキリーのパクリみたいだったけど、世界観にマッチしてカッコよかった。

で、レギオスの格納庫からライドアーマーのユニットをガコガコと取り出してバイク形態になるんですが、スラスターやミサイルまで搭載したバイクを、大人一人の力でもてるわきゃねえだろ!なんてことを言ってはいけません。

IMG_3282 (640x360)
完全なユニットではなく、あらかじめこのようなアーマーウエアを装着しておかないと、パワードスーツになれないってのが、難儀なところですね。

もっと重装備なツアラーデザインでもいいから、完全にバイクからパワードスーツになって欲しかったなァ。

そしたらもっと人気が出たかも。


IMG_3283 (640x360)
スクリーンなんかはカタナと同系デザイン。

単純にバイクのデザインとして、良くできていました。


IMG_3296 (640x360)
バイクなんで、コケると引き起こしが必要なわけで・・・・

このあたりのアナログ感もまたイイですね。

今やホンダが、こけないバイクを実用化レベルにしてるのに。


IMG_3289 (640x360)
レバーをグイッと上げると変形が始まります。

今のアニメの作画レベルなら、もっと面白い変形プロセスで魅せる事も出来たんでしょうね。


IMG_3285 (640x360)
IMG_3287 (640x360)
IMG_3290 (640x360)
IMG_3288 (640x360)
IMG_3293 (640x360)

装着するときはウイリーしながらジャンプって恰好イイ変形のしかたなんですが・・・


IMG_3298 (640x360)

解除するときがちょっぴり情けない感じになるのです。


IMG_3299 (640x360)
IMG_3300 (640x360)
IMG_3302 (640x360)
IMG_3303 (640x360)
IMG_3304 (640x360)
IMG_3305 (640x360)
ね?

とはいえ、なんとなくアイアンマンを彷彿とさせる動きなので、マーベルが実写版を作ってくれると売れるでしょう。

あ、晴れてきた。

さっぶいけど、バイク乗ろうかなー。







  1. 2017/02/12(日) 08:38:11|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

1/144RG(リアルグレード)ガンダムMk.Ⅱ

IMG_3194 (480x640)
【予習、復習?】の記事の続きで1/144RGガンダムMk.Ⅱの製作をしましょう。

きのう書いた通り、若干カゼ気味なので、今日は引きこもりです。

非常に組み立てやすいフレーム、全く塗装の必要のないRGですが、この段階で一か所だけ塗装します。

グリーンのクリアパーツの外枠を白く塗っています。その上にフレームと同色を重ねるんですが、少しでもクリアパーツの発色が良くなるだろう、って事で・・・・


IMG_3193 (640x480)
胸についた2つのセンサー(Zガンダムシリーズのトレンドでしたね。)がクリアパーツなのはイイのですが、外枠までクリアなので変な感じなんです。

いっそのことクリアパーツにせず、デカール処理の方が良かったんじゃないかなァ?なにせRGについているデカールのクオリティがハンパないので、センサー系にクリアパーツを奢る必要を感じません。


IMG_3248 (640x480)

RGはパーツが多く、例えば、前腕部分の一つのユニットを組むにしても、ランナーがアチコチに飛びます。

パーツの箇所毎じゃなく、色毎に分かれているので、どうしてもそうなってしまうのです。

ですから、机の上にカルタの様に、おっぴろげて作業した方が、効率が上がります。


IMG_3257 (480x640)
例えば、この前腕部を見てください。

肘のあたり、白のパネルに、ほんの少し、グレーがかった棺桶のような形状のパーツがあるのがわかりますか?

これ、ベースはグレーのパーツに白のパネルを重ねるんです。

RGが良くできてるのは、パーツを組むためのオス、メスの部分が、そのまま色分けとディティールになっているトコロ。

可動、ディティール、色分け、ハメ合わせでパーツが固定できる構成、これらをイッキに成立させる設計は、正直、感動を通り越して、ひいちゃうレベルです。


IMG_3249 (480x640)
IMG_3250 (480x640)

それにしても、マーク2、絶対に絵で見るより、立体にした方がメカ感が映えてカッコイイです。

パーツ一つ一つが際立ち、かなり質感高いです!

IMG_3251 (640x480)
さて、人形は顔が命・・・ま、ガンプラはそうでもないか?

カメラアイの回りはフラットブラックで墨入れ。

ヘッドパーツの分割も感動的です。

難しい塗り分けを、パーツを重ねる事で全て解決しちゃうんです!


IMG_3254 (640x480)
カメラアイの回りの墨入れは簡単ですが、マスクとカメラアイの間の頬骨の部分。

薄いグレーの部分(ファーストガンダムはここ、赤色ですね)はサイズ的に塗り分けが難しそうだなあ、と思っていたら別パーツでした。


IMG_3258 (640x480)
うーむ、カメラアイのグリーンが全く分かんないぞ・・・・

サブカメラから光が入って、もう少し明るくなるかとおもったのですが・・・・


IMG_3256 (480x640)
後ろからライトを当てても、カメラアイのディティールは浮かび上がってくれません。

ここは仕方ないのでデカールに頼りましょう。


IMG_3260 (640x480)
どうだ!マーク2は悪役づらですな。

にしてもデカールのデキが素晴らしい。

さらに、目の周りのデカールは数種類セットされていて、モデラーの技量や仕上げ方に応じて選べるようになっているのも、このキットの素晴らしいトコロです。


IMG_3263 (480x640)

はい、ノーマル、パチ組み完成です。


IMG_3264 (480x640)
いや~、メチャクチャかっちょいいですよ、実物は!

ここから表面仕上げ、墨入れやウエザリングを軽く入れて、仕上げます。



IMG_3261 (640x480)

写真だとアップになりますが、実際のサイズはこうですからね。


IMG_3262 (640x480)
写真でみるより、小さいぶん、肉眼だとパーツがシャープに見えてカッコいいんです。

ノーマルでも十分ですが、一つだけ気になったところがありましてね・・・


IMG_3265 (480x640)

いまいちメリハリ感、シャープさに欠けたスネまわり。


IMG_3266 (640x480)
設定画を見ると、ちゃんとディティールされてるじゃありませんか。

筋彫りをしましょう。

筋彫りも30年ぶり、うまくできる自信がないので、ちゃんとした工具を買いに行きましょう。

今のガンプラモデラー用工具たるや、夢のようですからね。

最終仕上げが完了したら、またアップします!






















  1. 2017/02/05(日) 15:10:11|
  2. プラモ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

立春

IMG_3240 (640x480)
暦では立春とはいえ、寒いのが常の2月ですよね。

でも今日は本当にツーリング日和になりました。

乗らずには居れません。

ところが、どうにも体調が悪くて、ヘルメットの中は鼻水だらけ・・・・

頭も痛い・・・・薬局、薬局・・・あ、その前にコンビニのキャッシュコーナーへ・・・・

バイクを何回も乗り降りするのも面倒なので、1回で済む場所はどこがイイかな~・・と考えたら、職場でした。


IMG_3241 (640x480)
しかし、ホントに普通のバイクですねえ・・・

どんな景色にも、目立つことなく溶け込んでしまう。

隼なんかが、ここに停まってると「オオッ!」て、なると思います。

こりゃゴリゴリのバイカーファッションで乗らないと、でっかいカブに見られそうですね。


IMG_3233 (360x640)
バイカーファッションといえば、ヤフオクで見つけましたヨ。

昔、スズキがGS1200SS(男のバイク!)を発売したときのノベルティ革ジャン。

スズキの営業マンに一着もらったんですが、コレが意外に良かった!!

当時は恥ずかしくて、部下にあげちゃったんですが、おいときゃ良かったなァ・・・・

一度だけ、これ着て、ムーンライダースでツーリング行ったコトがあります。

今見ると、プロテクターさえなければ、ダブルにしては非常にシンプルなデザインです。

デカいベルトがないのは、バイクにキズをつけるリスクも少なくていいですね。


IMG_3234 (360x640)
適度なプロテクターのおかげで高速でバタつくことなく、不要な風圧や不安を感じるコトなくクルージングが出来ます。

で、革にプロテクターだと、動きにくくなるんですが、レース用のツナギのようなシャーリングが入っているおかげで、すごく動きやすいんです。

ただ、この背中の革の継ぎ目はいただけませんが・・・・


IMG_3246 (360x640)
【1/100へチャレンジ】の記事に書いた【コマンダー・ゼロ】のコスチュームみたいで、カッコイイですね。

ベルトどめのプロテクターより一体感があって、私は好きです。

そして何より感動したのが、この襟の処理。

Wライダース最大の弱点の首元の寒さを見事に解消してくれます。

そのツーリングの帰り道、急に気温が下がったうえに山道に入るという状況で、体温調整に役立ってくれました。

カドヤやペアスロープ等に比べ、もうダサいイメージの南海ブランドですが、さすがの良品をいっぱいだしてるんですよ。

欲しいな~・・・でもポチるには高いし、悪い評価の多い出品者なので、やめとこう。

めったに出てこないんですが、また出てくるのを待つとしますか・・・・



IMG_3230 (480x640)
で、今着てる革ジャンをもう少し機能的にしたいなあ、と考えてたら、100均でこんなの発見。

せっかくCB、いやバッシュ君に付けたコインホルダーを取っ払ったのは先日お話しした通りですが、やはりどうにも不便だったんですね。


IMG_3242 (640x480)
バイクに付けるのではなく、ウエアに付けちゃいましょう。

ラフ&ロードのジャケットなんかだと、左袖にコインホルダーがありますが、チャック式なので、ウインタグローブでは使いにくい。

私が求めているのは、いつも通る200円有料道路の利便性だけです。

通行券もなにも入れない、100円玉2枚を出しやすいモノが欲しいのです。


IMG_3243 (640x480)
こんな感じ。

今のグローブは袖口にインしていますが、ガントレットグローブなんか買ったら使えなくなりますね。


IMG_3244 (480x640)

使い勝手はまた今度、試しましょう。


IMG_3245 (480x640)
こうして見ると、それほど目立たなくてよかった。

・・・・・かな?



IMG_3225 (640x480)
あ、営業中にハイゼットを見ると、やっぱイイなあ、と思います。

新型になってカラーバリエーションが増えたので、この色とか、すごく気になります。

やはり、元バイク屋としては、イザというときの為に持っておきたい一台。

娘が巣立ったら、これでイイよね。

そういや保険業界に入ったとき、当時持っていた軽トラで営業したらダメですか?と聞いたら、ダメ!と言われました。


ま、そりゃそうダ。

ハハ、結局今日は、体調不良により、バイク乗り回せず、すぐ帰ってきたって話です。
















  1. 2017/02/04(土) 14:41:33|
  2. バイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

moonjam2015

Author:moonjam2015
 
 銀行員からレッドバロン店長、自営のバイクネット商売兼老人ホーム介護職員という、さまざまな職歴の後、損保系代理店の営業マンとして走り回っています。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (20)
プラモ (14)
想い出 (2)
バイク (71)
バイクとプラモ (9)
チーム (2)
プラモとクルマ (2)
クルマ (9)
クルマとバイク (6)
バイクとクルマ (2)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR