ムーンライダース

自家塗パーツ達のその後

IMG_4709 (480x640)
今年6/17の【ブラックサイレンサー】の記事に書いた通り、わがバッシュのサイレンサーは黒塗りされています。

耐熱塗料でも、艶消しが最も耐熱温度が高いので、念のため艶消しにしたのですが、艶消しは洗車の時にウエスが引っかかったりと、手入れがしにくいんですね。

エキパイならともかく、サイレンサーはそれほど高温にならないので、艶アリに変更します。






IMG_4290 (640x480)
IMG_4732 (640x480)
比較写真です。

見ての通り、耐熱塗料は完全な艶アリにはならず、半艶程度なんですが、質感は向上しました。

ステップ下のヒートガードがあまりにも浮いていたので、艶アリにすることで少しは一体感が出るかな?というのも狙いでした。





IMG_4719 (640x480)
IMG_4720 (640x480)
きのう塗って、一晩おいて走ったのですが、信号待ちでサイレンサーを見るとプクプクと気泡になっってるところが・・・・

前に艶消しで塗ったときもスグに走るとこうなりました。

説明書には乾燥後1時間ぐらいで焼き付けの為にエンジンをかけるように書いてありますが、1週間くらいしてからの方が無難ですよ、厚塗りした場合。







IMG_4724 (640x480)
そのまましばらく走ると気泡が破けて空気が抜けたのか、こんな感じになっちゃいました。

この部分は手直ししなきゃ・・・・・






IMG_4731 (640x480)
IMG_4730 (480x640)

まあでも、前回のシートも合わせ、スタイル的にはまとまりが出てきたかな?






IMG_4722 (640x480)
IMG_4727 (640x480)

自家塗装フェンダーも違和感なく、ハゲることもなく、おさまってくれています。






IMG_4726 (640x480)

傷を補修して塗装したフレームも、まるで何もなかったかのようです。








IMG_4725 (640x480)

うん、リッターバイクらしくなってきました。








IMG_4734 (640x480)
CB1100のデザインで違和感を覚えるのがこの部分。

ダウンチューブがエンジンを囲むようなオーソドックスなダブルクレードルフレームですが、パルサーカバーとダウンチューブのアール部分に隙間が空きすぎてるんです。

例えば最初期型、CB750Kシリーズなどはここにエキパイがきてて、綺麗な伸びやかさと凝縮感がうまく出ています。

勿論、シングルやツインエンジンで、フレームとエンジンの間から向こうが見えるスカスカ感も大好きなのですが、マルチは凝縮感と一体感が欲しい。

このアタリに専用設計じゃなく、CB1300のクランクケースを流用した事で発生するネガが出ますね。

ここは純正のエンジンガードを付けようと思います。

社外品も色々出ていますが、CB1100に関してはホンダ純正がシンプルでアールも綺麗でクランプ部分の処理も綺麗です。






IMG_4736 (640x480)
さて、バッシュの写真ばかりだと、黒い画面ばかり。

コレ、イイですね!!西宮2りんかんのスタッフの愛車だと思われるXSR900、RZカラー。

写真で見るよりずっと可愛くて綺麗。

ヤマハのセンス良さが感じられる1台です。

スポンサーサイト
  1. 2017/09/24(日) 18:45:16|
  2. バイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<軽快に | ホーム | イイ感じ!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://moonjam2015.jp/tb.php/144-f60d05b1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

moonjam2015

Author:moonjam2015
 
 銀行員からレッドバロン店長、自営のバイクネット商売兼老人ホーム介護職員という、さまざまな職歴の後、損保系代理店の営業マンとして走り回っています。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (20)
プラモ (14)
想い出 (2)
バイク (71)
バイクとプラモ (9)
チーム (2)
プラモとクルマ (2)
クルマ (9)
クルマとバイク (6)
バイクとクルマ (2)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR