ムーンライダース

ダイハツ キャスト part2

IMG_5204 (640x480)
我がプリンちゃん、ダイハツ・エッセもここんとこ全くノンメンテ。

オカマ掘られてから、何気に愛着が薄れているのが本音です。

だからというワケじゃないのですが、バッテリーが上がりました。

夏が終わったアタリから、セルの回りにタメがあり、そろそろかなとは感じていました。

新品交換して4年目、メンテナンスフリーバッテリーに替えてるので充電はせずに新品交換します。











IMG_5205 (640x480)
いつものスーパーオートバックスで、純正同等品が在庫切れでした。

少し高いのですが、イマドキのアイドルストップの車に対応した容量の大きめのモノしかなかったので、それにしました。

とはいえ、バイク用のメンテナンスフリーバッテリーに比べると安いですね。











IMG_5246 (640x480)
さて、ワタシが乗るだけなら、まだ交換せずにもう少しもちそうだったバッテリーなのですが、所要で親父のキャストを1週間ほど借りるコトがあったので、交換したのです。

親父は私ほど乗りませんし、年齢的に押し掛けするにはキツイでしょうから。

親父のキャストはアクティバという、ちょっと車高の高いスズキハスラーの対抗馬です。










IMG_5238 (640x480)
ダイハツ派の私ですが、ぶっちゃけハスラーの方がずっとイイですね。

デザインや内装、マニュアルミッションがラインナップにあるとこころ、全てハスラーの方が私好み。

親父もオートマ嫌いの人間ですが、元ダイハツマンとしては仕方ないところです。

ちょっと最近のダイハツは女性や時代に流され過ぎ!

日本一古い自動車メーカーとして、もっと硬派なモン作らんかーい!!!











IMG_5230 (640x480)
全てが電気式のイマドキの車の室内装備は使いにくい。

手ざわりで操作が出来ず、視線を必ずそこに向ける必要があります。

機械式のレバーやスイッチなら、視線は運転に集中できます。

スマホが目をつむって操作できないのと同じですね。

結局、最近不注意事故が多い原因はこういうトコにもあるんですよ。











IMG_5240 (640x480)
電気デバイスが間にはいる操作感はなんとなく乗り味にも出てきます。

別にスロットルバイワイアになっているワケでもトラコンがあるワケでもないのですが、すべての味付けが今の車はそうなっているのです。

それを日本人は快適性と呼びます。くだらねえ!!!!

ハハハ、父の拘り、タコメーターのないクルマには乗らない。

昔、コンソルテに純正で付いてなかったのかな、後付けのデカいメーターを付けてました。










IMG_5247 (640x480)
これも親父の拘り。

キャストのデザインを見たとき、この車はルーフレールが似合うといって、オプションで付けたようです。











IMG_5249 (640x480)
乗り味はエッセよりだいぶ剛性感のあるものです。

アクティバの高い車高でもロールは上手く抑えられています。











IMG_5248 (480x640)
スタビライザーも結構太め。

基本コンポーネンツはムーブの流用でしょうが、エッセよりがっちりと作られています。











IMG_5251 (640x480)
ここも親父の拘り。

最近の車もバイクもそうですが、ラジエターコアに鉄網のカバーが付いていないんですね。

エッセなんかは結構バンパーから奥まった位置なので、そうも気になりませんが、コイツはほんと、バンパーのあたりにむき出しです。

なにやら家庭用エアコンのパーツか知りませんが、メッキのついたプラスティックのメッシュカバーをどこからともなく出してきて、接着してました。

一見、わかりません。この写真だとナンバプレート横あたりの事です。











IMG_5245 (640x480)
バックモニター・・・・・・見にくいので要りません。

ナビ・・・・・・スマホのナビの方が使いやすいので要りません。










IMG_5241 (480x640)

スマートキー・・・・・・要りません。












IMG_5243 (640x480)
アイドルストップ・・・・・・・・要りません。

このアタリのスイッチ、全て押してキャンセル状態で乗りました。











IMG_5242 (640x480)
助手席側、ドリンクホルダー、見やすいように、ライトアップされます・・・・・・・要りません。

上質の内張・・・・・・・要りません。











IMG_5255 (640x480)
1週間たって、我がプリンちゃんに戻りました。

全ての操作が機械仕掛けでダイレクトです。










IMG_5253 (640x480)
必要十分な装備は無駄がなく、実に使いやすいです。

車体価格はキャストの約半分。

でも、本当にクルマの好きな人が選ぶ軽の中で、エッセは上位に入ります。

プアなエンジン、車体を思うように振り回す楽しさがあるからです。

安いチューンで体感が出来るからです。

普通のセダンでこういうクルマ、出ないかなあ。

なんていうか、昔のVWタイプ3や、アルファの醜いジュリアみたいに、普通のセダンの形でマニュルってのがイイ。

そして、要らんもんにお金をかけていないクルマ。

羊の皮をかぶった狼、までいかなくてもいいんです。

スーツの下に遊び心、みたいな。

でもね、あるんだな~!!ずっと気になってるのが。

カローラがね、ちゃんとラインナップにマニュアル残してくれてるんですよ!

しかも私の好きな5ナンバー、ノーマルアスピレーション1.5リッター。

年明け、プリンちゃんは車検で、また自分で持っていくんだろうけど、その2年後まで、果たしてカローラのマニュアルなんて作っているんでしょうか?

  1. 2017/11/19(日) 15:45:55|
  2. クルマ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

暗黒時代の終わり

IMG_5197 (640x480)
ムーンライダースの前身、BikeOfficeナカシマのブログを見ていてくださった方はご存知かと思いますが、カブで商売をしようとしたくらい、カブは大好きであります。

といっても、カブのヴィンテージマニアって感じではありません。

イチモーターサイクルとして、イチ工業製品としての素晴らしさに惚れているんです。

勿論、質感的にはプレスフレーム時代が好きですが、樹脂外装をまとうようになっても何故かそのたたずまいで鉄を連想させるスタイル。

そのスタイルはカブ90が生産中止になり、カブ110が出たときに不細工になりました。

まだインジェクションのカブ50がプレスフレームのまま生き残っていたので良かったのですが、その後、50までもが完全にデザイン統一され、暗黒時代に突入します。

が、走りの良さはピカイチで、デザインの不細工さを差し引いてもカブ愛はとどまるコトはなかったのです。











IMG_5196 (640x480)
で・す・が・・・ホンダさんはやってくれました!!!

国内をちゃんと見て、いや、国内のカブを愛する人達を見て、デザインを完全な日本人向けにモデルチェンジしてくれたのです。











IMG_5198 (640x480)
私はカブ110の丸目モデルも角目モデルも購入しましたが、どちらもデザインは好きじゃなかった。

走りは抜群に良かったんですよ。本当に、ホンダの小排気量車に乗ると「排気量の価値とはなんぞや?」と、唸ってしまう。

でも、丸目時代でもヘッドライトがデカ過ぎた。

でも今回、その部分はまず見事にクリアー。

カブらしいサイズになりました。











IMG_5199 (640x480)
そして、のっぺりとしていたサイドカバーも本来の別体デザインになりました。

ココは重要なディティールであります。










IMG_5202 (640x480)
メーターもシンプルじゃなきゃ。

できればメッキのメーターリングがあれば、より、らしくなったんですが。











IMG_5203 (640x480)
IMG_5201 (640x480)
カブの代名詞、樹脂製レッグシールド。

メンテナンスの必要が無くなったので、メンテナンスホールは小さくなり、空気抜き程度のデザインアクセントですね。










IMG_5200 (640x480)
樹脂製になったり鉄製になったりしてきたチェーンケース。

今回は鉄製。

ここは樹脂の厚みより、鉄の薄い感じがイイですよね!

何はともあれ、カブがカブらしくなり、国内生産に戻り(リトルカブは最後まで熊本工場だったと思うけど)、お値段もカブらしい価格帯を維持したことにホンダの素晴らしさを感じます。

もうカブが戻るコトはない、時代の流れだとあきらめていたのですが、メーカーがあきらめていなかったとは驚き!

でね、なんでドリーム店に来たのかってハナシですよ。










IMG_5221 (640x480)
やっぱりフロントフェンダーを純正ブラックSPモデルのモノを取り寄せたんですよ。

ネットで発注しても定価だったので、それならお世話になってる販売店にお金を落とした方がイイに決まってます。










IMG_5222 (640x480)
さあ、交換しましょう。

リアフェンダーと違い、こっちは楽勝です。











IMG_5223 (480x640)
ま、見た目は全く変わりませんけどね。

純正塗装という安心感と満足感。

結局、バイクに関しては気になると妥協できないようです、ワタシ。











IMG_5224 (480x640)
とはいえ今のところ、妥協で仕上げているマフラーを交換できるほど懐具合は良くありません。

だってホントに欲しいのはワイバンのチタンメガホンのフルエキですから中古でも高いのです。

なので、現状をカッコよくするため、ステッカーチューン。

ステッカーじゃなくアルミエンブレム。

リベット止めはやめて、耐熱両面テープ張りで手っ取り早く仕上げました。











IMG_5225 (640x480)
塗装面を傷めず、表面を軽く脱脂したい、こんな時も便利なヘルメットクリーナー。

これはライダーなら常備しといて損のないアイテムです。










IMG_5226 (640x480)

オリャッ!!











IMG_5227 (480x640)
バチッと付きましたよ。

黒いサイレンサーに良く似合います。

全体像はまた次回。

  1. 2017/11/11(土) 19:37:21|
  2. バイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

祝!一周年!

IMG_5186 (480x640)
バッシュを手に入れて1年たちました。

私にとっては凄いコトです。

のべ70台近いバイク所有歴で1年以上所有したバイクは20年ぶり。








IMG_5179 (640x480)
それはそうと前回のツーリング、帰りの高速でミラーがグラグラになってペースダウン。リーダーのお侍さんに付き合ってもらい、PAのガソリンスタンドに立ち寄るというトラブルに見舞われました。

普通のミラーなら工具なしである程度締め付け可能ですが、ヘキサで止めているコイツは無理。

車載工具にないサイズなので、ヘキサゴンレンチをシート下に入れていたんですが、リアフェンダー交換時に出したまま、入れ忘れていたのです。









IMG_5180 (640x480)

帰ってきて、レンチを入れようとしたら、、、、シートが開かねえ!!?










IMG_5181 (640x480)
ヘルメットホルダー後ろの黒いレバーを引き下げ、ワイヤーでシートロックを解除するのですが、きちんと引っ張り切れていない感じ。
リアフェンダー交換後、組み方をミスったようです。









IMG_5183 (640x480)
どついたり、引っ張ったり、押したり、汗だくになってなんとか外れました。

このようにシートロック部にワイヤーが来ているのですが・・・・










IMG_5182 (640x480)
これがちゃんと取り付け出来ている状態。

ワイヤーを止めている黄色いパーツの上の穴があるでしょう。

ここにワイヤー通してから、下に押し込んで固定しなければならないのですが、通しただけで、下に押し込んでいなかったのです。

それで、ワイヤーアウターが動いて、引っ張り切れていなかったのです。










IMG_5187 (640x480)

やれやれ、ツーリングの汚れを落とし、トラブルも解消したので、1周年を祝う為、軽く走りましょう。













IMG_5188 (640x480)
CB1100の持つ、スタンダードすぎるキライをだいぶ払拭出来たと思っています。

だいぶワイルドな感じになったのではないでしょうか?










IMG_5191 (640x480)
ワイルドと言えば、駐車場でどこにバイクを停めるか?で、結構躊躇してしまう、小市民でワイルドじゃないワタシ。

このようにスペースがあり、ポールがあれば停めやすい。

クルマ1台分のスペースを使うのに気が引けるのです。










IMG_5190 (640x480)
店の事やクルマの事なんて知るか!!!税金も払って排気量も軽よりデカいんじゃ!!なんて発想はやめましょう。

そういうバイク乗りのエゴがバイクの為のインフラを無くしていくのです。

バイク市場が小さくなり、結果、魅力的なバイクをメーカーが出してくれない。

また実際、工業製品の価値としてみた場合、明らかにバイクの新車価格は今より30万安くて妥当でしょう。












IMG_5193 (480x640)
バイク乗りはそれでも、自分たちがマイノリティであることに妙な誇りなんか感じちゃったりしてる。

でも、そこには何のメリットもないんですよ。

バイクというものが、世間に認められている方が、良いに決まているんです。

変なワイルドさはファッションだけでいいのです。










IMG_5192 (640x480)
ガレージに収めるたび、大人っぽいバイクだと、質感の部分では満足できます。

それと飽きの来ないエンジンフィーリングのお陰で、何とか1年もったようです。










IMG_5185 (640x480)
せっかくですから、やっつけ仕事で仕上げたカウルの防振処理もやり替えたいですな。

これからオフシーズンですから、転倒時にゆがんだであろう、メーターステーも交換して、綺麗に仕上げましょう。










IMG_5184 (640x480)
自家塗装のフロントフェンダーも飛び石には耐えられないようで、タッチアップが増えてきました。

やはりメーカーのウレタン塗装じゃないとだめかな・・・・ここもやはり純正スペシャルエディションのパーツに替えましょう。

てな風に、やりたいことが色々あるのも飽きないポイントですね。

機能パーツの交換はまだ先になりそうです。


  1. 2017/11/05(日) 13:26:08|
  2. バイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

紳士同盟2017年最終ツーリング

IMG_5146 (640x480)
曇りの週間予報でしたが、快晴!!

が、朝の高速は想定以上の寒さです。

集合場所は岡山の粒江PAですが、三木のPAで1回目の休憩。










IMG_5147 (640x480)
そして、お腹が痛くなってきて瀬戸PAで2度目の休憩。

お、気になっているニンジャ650がいるじゃないですか!

コンパクトでイイですね。

紳士同盟のツーリングでは、毎回高速を使うので、フルカウルが欲しくなって来ていたんですね。で、前も書きましたがライトウエイトがイイ。その上で紳士同盟のカンバンを背負って恥ずかしくないバイクが欲しい。

で、ドンピシャなのはこのアタリかなア・・・と。

でも、尻上がりすぎ。

CBを選んだ大きな理由の一つは、身体のカタイ私が乗り降りをスムーズにできるという事。

これだけ尻上がりだと、おっとっと感がでちゃうんだろうなあ・・・・

そして絶望的なリアシートの積載性、こちらのオーナーもリアボックス装備されてますね。今年、キャンプに目覚め、また職場の先輩とキャンプツーリングを約束していることを考えるとチョットね・・・・てか、経済的にも乗り換えれないし。









IMG_5148 (640x480)
山陽自動車道から瀬戸中央自動車道に移るのを間違えて倉敷まで行ってしまい、高速降りて、また乗って。

結局、集合時間に5分遅刻しちゃいました。

紳士同盟主宰のニンジャ、カーボンカウルを純正カラーに塗装して装着です。









IMG_5158 (640x480)
が、このミラー、全然後ろが見えないのです。

カスタムする度、何かしら自虐ネタ(笑)を提供してくれるリーダーです。







IMG_5157 (640x480)

フロントフォークはZRX1200流用。









IMG_5149 (640x480)

リアはZZR1100流用。ブラックチェーン、バッシュ君にも絶対似合うだろうなあ。







IMG_5153 (640x480)

今回のカスタムは名門スペックエンジニアリングでのカスタムです。








IMG_5156 (640x480)
エンジンはパワーアップせずにオーバーホール、耐久性重視のファインチューンをしています。

思えば紳士同盟のメンバーのバイクで唯一残っている、ワタシが営業担当をして購入頂いた新車のワンオーナー車。

小林ゆき(バイクジャーナリスト)さんのニンジャは1989年式、24万キロのワンオーナー車らしいですから、負けないでほしいですね。








IMG_5154 (640x480)
IMG_5152 (640x480)
IMG_5151 (640x480)

鷲羽山を走り、瀬戸大橋のすぐそば。










IMG_5162 (640x480)
IMG_5168 (640x480)
IMG_5164 (640x480)
IMG_5170 (640x480)
瀬戸内海国立公園。パラグライダーをしげしげと間近で見たのは初めてです。

最終ツーリングにふさわしい海と空の青さ!!












IMG_5155 (640x480)
お昼は丸亀正麺で。

小食の私にはありがたい。












IMG_5176 (640x480)
IMG_5174 (640x480)
ブルーラインの一本松パーキング。

定番スポットですね。








IMG_5175 (640x480)
こ、これは、もしやレッドブロブランドでレッドバロンが販売していたマグザム《マスターマインド》モデルでは?

確か、べらぼうな販売価格でした。








IMG_5172 (640x480)
IMG_5159 (640x480)
今回はこの4台。

高速に乗るとアタリマエですが、CBと隼のペースがあまりにも違います。

とはいえ、一般車もいて、警察もいて、って中で走るわけで、鉄フレームのネイキッドとはいえ1100も排気量がある以上、もうちと楽についていきたい。

エンジン性能はまだまだ余力があるのに使えない。

フレーム性能に不安を感じていましたが、乗りながらちゃんんと分析していると、別に剛性不足なわけではない。

やはり問題はライポジですな。

ハンドルバーを低くして前輪荷重をかけ、バックステップで高速域で踏ん張りが効くように、バイクとの一体感を増やす必要がありますね。








IMG_5145 (640x640)
日が暮れる頃には帰ってきました。

いやあ、充実した気分で、身体は疲れてるのに精神は元気!!

同じ情熱でバイクに接してきた者同士で、一緒に走り、駄弁る、ただそれだけでいいんです。

ところでクラブマンが再発行されましたね。

以前の情熱を、何故か思い出させてくれる、コストを無視したハイクオリティな作品に仕上がっています。

  1. 2017/11/03(金) 21:52:02|
  2. バイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

シングルライダースジャケット

IMG_5128 (480x640)
紳士同盟のメンバーがフェイスブックでアップしていた写真です。

先週の台風がかすめている週末に信州ツーリングに行かれたようです。

ご夫婦でタンデムツーリングをなさる方なので、以前から宿をとっていたのかな?突然発生した台風でしたからね。

あまりに良い写真だったので、載せちゃいました。

この週末は紳士同盟2017年最終ツーリングなんです。









IMG_5133 (640x480)
と、いうワケではないのですが、良さげな革ジャンがヤフオクに出てたので落としました。

カドヤK'sレザーシリーズのシングルライダースです。

どうかな~?と思いながら到着を待っていましたが、良いモノが届きました。








IMG_5134 (640x480)
古着としての状態の良さもさることながら、羽織ってみると普段着に使えるシルエットと革質でした。

カドヤの革ジャンにしては軽量です。

革質は現行タイプのハードステアとソフトステアの中間ぐらいのイメージでしょうか。

サイズは見事にジャストフィット。

やはりカドヤのLサイズは今の私にピッタリなようです。










IMG_5136 (640x480)
カドヤのライダースで唯一ピタッとこないのは、袖口の広さ。

グローブをインしても、まだ隙間が出来そうなんですよね。もっとタイトでいいのになあ・・・








IMG_5135 (640x480)
内張りはキルティングになっていますが、中綿はほとんど入っていませんでした。

今の時期のツーリングには、もってこいの革ジャンでした。

でも真冬になったら、去年の冬、手に入れ損ねたパテッドのダブルが欲しくなるんだろうなあ・・・・







IMG_5137 (640x480)
スタンドカラーのデザイン処理はカドヤより、ショットの方が好みですが、純粋なライダースとして、防風重視の高さになっています。

襟回りの擦れもなく綺麗です。









IMG_5141 (640x640)

ショルダーのエッジ部分や・・・











IMG_5140 (640x480)

袖口のジッパー回り・・・・・









IMG_5139 (480x640)
フロントのジッパーのエンド部分、擦れてません。

匂いもなく、かなり程度はイイです。










IMG_5138 (640x480)
右の内ポケットに携帯かタバコをいつも入れていたのでしょうね。

ぷっくりと膨らんだ革のクセが付いています。

気になったのはそれぐらい。









IMG_5143 (640x640)
IMG_5142 (640x640)

ああ~やっぱりツーリングは楽しみだなあ!!!




  1. 2017/11/01(水) 20:54:28|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

プロフィール

moonjam2015

Author:moonjam2015
 
 銀行員からレッドバロン店長、自営のバイクネット商売兼老人ホーム介護職員という、さまざまな職歴の後、損保系代理店の営業マンとして走り回っています。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (21)
プラモ (17)
想い出 (2)
バイク (78)
バイクとプラモ (9)
チーム (2)
プラモとクルマ (2)
クルマ (11)
クルマとバイク (6)
バイクとクルマ (2)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR